上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツーといえばカー
麺といえば食いテー


麺類を食べながら世界を放浪する
お久しぶりの更新です
世界百麺相

今回はアフリカで食べた麺類。

西アフリカの主食は
米か練り物系(キャッサバとかの)。

これが何を意味するのかといえば
西アフリカでは
すばらしい麺生活をエンジョイ
というわけにはいかないということ。


西アフリカでみかける麺類は、
ヨーロッパ文化が流入したもの
つまり「スパゲティ」です。

日本人なら、他国の食文化を輸入しても
そこからさらに手を加えるってものですが、
こちらでは
大したこだわりはありません。

洗練もされていません。
(そもそも、彼ら独自の食事も、洗練という言葉からは遠い)

モーリタニアで食べた麺類
その80麺相、
「スパゲッティ」

肉と生ねぎを煮たソースを、
作り置きしてあるぐったりとしたパスタに
ぶっかけてできあがり。
P1160442_800.jpg
見た目は1人暮らしの貧乏学生が作ってそうな一品です。

さらに主食に対して
ソースをちょっとしかかけてくれません。
それが毎回もどかしい。
(言えば足してくれますが)

町角の食堂で
ハエが勇ましく飛び込んでこようとするのを追い払いながら
いざ一口
P1160449_800.jpg

P1160443_800.jpg

あれ?肉じゃがの味がする!

コンソメと玉ねぎをよくよく煮たら
醤油を入れなくても肉じゃがになるようです。
まったく期待してなかっただけに
案外いけました。

きっと長いこと日本食から離れてるから
ちょっと和食に似てる味があっただけでも
喜び、おいしく頂けてしまう体になっているようですね。
いいんだか悪いんだか。
次回も西アフリカの麺類です。
では。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。