FC2ブログ
森です

ロンドンにいます。

イギリスレンタカーの旅2日目

朝が来た

2日目は
ストラスフォード・アポン・エイボンから
スカイ島へ北上。

いけるところまでいったるぞー。

しかし寝坊して朝9時出発。
まずは宿の敷地に集まる三人を
パパラッチ風に撮影。
_MG_5639_800.jpg

そして北上
今日もまた、優しく美しいイギリスの牧草地を
走ります。
_MG_5766_800.jpg

途中の町で食事を。

イギリスの地方都市は
どこもこのように雰囲気のよい町ばかり。
すばらしい。
_MG_5705_800.jpg

_MG_5652_800.jpg

_MG_5650_800.jpg

_MG_5671_800.jpg

_MG_5667_800.jpg

_MG_5681_800.jpg

_MG_5682_800.jpg

雑貨屋もこれぞイギリス
というセンスのものばかり。
_MG_5654_800.jpg

_MG_5653_800.jpg

_MG_5658_800.jpg


ランチで食べた巨大なフィッシュ&チップスは
7ポンド。
子供から大人まで1人で食べていたが
小食の私たち日本人は
これを三人でシェアしてちょうどいいくらい。

さらに北上してピークディストリクト国立公園に入ります。

Peak district
イギリスにしては珍しく、山らしい山が並ぶ地域。
_MG_5729_800.jpg

_MG_5756_800.jpg

_MG_5758_800.jpg

そしてさらに北上して
次はレイクディストリクト国立公園

Lake District 日本では湖水地方と呼ばれています。

湖が点在する山の間を縫って
車は走る。
_MG_5786_800.jpg

_MG_5801_800.jpg

_MG_5827_800.jpg

急斜面を走りつつ
_MG_5823_800.jpg

小川に沿って進みたどり着いた先に
_MG_5840_800.jpg

そのきれいな湖はありました。
_MG_5882_800.jpg

イギリスの自然。
中東の砂漠地帯のように厳しすぎず、
アフリカのジャングルのように圧倒的でもなく、
ヒマラヤみたいに神々しくもない。


派手さはないものの、心安らぐ風景
それがイギリスの自然です。

この抑制が効いた感じは、
ファッションや建築など
イギリス人のセンスにも現れていいる気がします。
_MG_5899_800.jpg
A君マリオジャンプの図。


さて
湖水地方を抜けてスコットランドへ
目指すはグラスゴーですが
私たちの行動方針は、
「陽が昇っている限り観光をしてしまう」
という欲張りなものです。

6月のイギリス。
北上していることもあり
夜の10時半くらいまで明るい。

調子に乗って遅くまで観光していると
宿のある都市に着くのが深夜になってします。

つまりグラスゴーに着いたのは夜の12時。
宿をどうしようと迷っていたら
「このままスカイ島まで走りましょう」
と、仲間たちからの心強い言葉が。

それまで眠っていた私は
「よく言ってくれた!」
と彼らの心意気に感謝しつつ
車の後部座席で再び就寝(←ひどい)

私たち4人の乗った車は夜のグラスゴーを抜けて
スコットランドのさらに北部
スカイ島に向けて、夜通し突き進みます。
_MG_5994_800.jpg

_MG_6010_800.jpg

そして翌朝、私が目を覚ましたその場所は!

次回はスコットランドの北部、
スカイ島での観光です。

では今回はこれで。
_MG_5687_800.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント

楽しそうだね。
お盆実家に帰るよー

URL | 俊介 ID:-

Re: タイトルなし

お盆って何日から何日まで帰る?
メールの不具合でチェックができなくて、
現状この欄だけが有効な通信手段(汗)

fc2で非公開のコメントも送れるから
これ見たら連絡お願い!

URL | 森たくや ID:-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| ID:

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| ID:

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)