上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です。

ロンドンにいます。

イギリスレンタカー旅、3日目朝。

深夜のグラスゴーから
夜通しで車を走らせ(というか、走らせてもらって)

後部座席の私が目を覚ますとそこは!
_MG_6025_800.jpg
フェリー乗り場だった

ここ、たしかにスカイ島へのフェリー乗り場だ。
でもおかしいな、、
スカイ島と本土とは橋で繋がってるから
フェリー乗る必要ないはずだが・・・

そこでナビを調べてみると
どうやら最短距離でスカイ島に入る方法を
選択したようだ。

時刻は現在朝の5時半。

次の便は8時50分。

出航までだいぶ時間があるので
スカイ島へは、もっと北方架かっている橋から
渡ることにした。

Y子ちゃんから私に運転を代わって、
ドライブ開始。

タフなYちゃんそのまま助手席でナビ。
徹夜だったA君は後部座席で眠る。
まるで死体袋に入った仏さんのようだ。
_MG_6039_800.jpg

スコットランドもだいぶ北のほうへ来た。
北国に特有の、どこか物憂い景色が続く。
_MG_6032_800.jpg

_MG_6034_800.jpg

_MG_6041_800.jpg

_MG_6071_800.jpg
↑ここなんか、ほとんど賽の河原だ。
ただ、こういう寂しい雰囲気も好きである。
旅をしてる気分が高まる。

そしてこういった景色の中で
スコッチウィスキーは作られているのである。

あの深みのある味わいや個性は
少し陰気な場所の方が
ストイックになれて、造られやすいのかもしれない。
うむ。

そんな風景の中
走り続けること3時間。
とうとうスカイ島への橋が見えてきた。

この一番の目的地(と、私だけが思っている)
スカイ島へ私たちはたどり着いたのだ。

と煽ってみたが、同行人のみんなは
「やりましたねー」
「遠かったすねー」
といった程度の感動であったことを記しておく。
_MG_6199_800.jpg

スカイ島に来た目的は
スコッチウィスキーの蒸留所を見学するため。

スカイ島にあるのは「タリスカー蒸留所」
日本のバーでもよく目にする
メジャーなブランドだ。
_MG_6115k_800.jpg


スコッチウィスキーとは
スコットランドで作られたウィスキーである。

スコットランド以外で作られたウィスキーは
スコッチウィスキーとは言わない。

数あるウィスキーの中で
「スコッチ」がなぜ有名かといえば

それはそこで作られるウィスキーの種類が豊富で
かつ美味で、個性的だからである。

ウィスキーの味の個性は、造られるその土地によって
かなり違ってくる。

その場所の水、土、空気などが
ウィスキーの味を決定する。

つまりスコッチウィスキーは
スコットランドの自然そのものの
風味ということだ。

それが作られるウィスキーの蒸留所を見学する。
蒸留所内は写真撮影禁止。
レセプショ前の待合スペースにあった
展示品だけ紹介しよう。
_MG_6119_800.jpg

_MG_6129_800_20120630014319.jpg
見学は1時間ほどで終了。
_MG_6131_800_20120630014319.jpg

ウィスキーの生まれる魔法の工程を学んだあと、
はやくもスカイ島を後にする。
_MG_6122_800.jpg

さて
(私的メインイベント)
スカイ島の蒸留所見学を終えた私、
日程的には折り返し地点だが、
気分的にはもう、「ロンドンに戻るだけ」的な感じ。
その途中でどっか楽しいとこに寄れたらよいなあ、
的な感じでルートを決める。

まず向かうのは古都エディンバラ。
ここはゴシック的古めかしさが臭い立つ都市だ。

そこで今日は一泊。
パブでビールで乾杯しよう。

車を走らせる。

途中、ネス湖を通る。
ネッシーで有名な湖だが
ネッシーは警戒心が強いので滅多に見られもんじゃ、、、

_MG_6205e_800.jpg

いたーーーー!!!

しかもネス湖じゃなく、ネス湖のそばの池にいた!

いや、こんなはっきり見れていいのか?いいいいのか?
あ、写真撮らなきゃ!気づかれないように・・・
物陰からこっそり写真を撮影。
しかしそのシャッター音を聞くと
ネッシーはこちらに気が付いてすぐに
水面下へと姿を消してしまいました。

しかしネッシー。
本当にいるとは。。。
なんて幸運なんだ。

と一方で仲間三人は
「森さん、なんすかこの茶番は

というまなざしで私を見ていた。

大人な反応である。
まあ、私も大人だけど。

ネス湖をあとにして
インヴァネスの町でランチを取り。

エディンバラへついたのは午後9時ころ。
_MG_6271_800.jpg
いや~、ゴシックですなあ。
_MG_6280_800.jpg
馬車が走り、ガス灯がともっていた時代と
(いや、それより古い時代)
なんら変わっていない景色。
中世に浸れます。

数件に宿に聞いて回りチェックイン。
一泊なんと8ポンド。
ロンドンに比べてなんと安いことか。

ここエディンバラでで、この旅初めての
パブ
でお疲れの乾杯。

スコットランドのパブですから
スコットランドのビールが置いてあります。

しかも私の好きなALE BEER

日本では見かけないものばかりで
しかもどれも最高にうまい。
ビール好きにはたまりません。
_MG_6301_800_20120630015055.jpg

_MG_6300_800.jpg

イギリスは地方ごとに地ビール会社がたくさんあり
その土地のパブに行けば、その土地のビールが飲めます。

フルーティーで華やかなビール、コクのあるビール、
ビターでスイートなビール、
本当に様々です。

パブでのビールは
だいたい一杯3ポンド前後(400円前後)で
チャージやお通しもないので気楽に飲めます。

今回はツマミとして、スコッチハギスを頼みました。

スコットランドの名物で、
_MG_6297_800_20120630015056.jpg

これがうまい!
羊の臭みと脂ののった旨みが前面に出た
まろやかなコクのある味です。

日本で食べたハギスはそうおいしくもなかったけど
スコットランドで食べるとかなりうまいです。
これは食べる価値あり。

こうしてゴシックな街の夜は
おいしいビールとうまいハギスで更けていきます。

4日目ははエディンバラ観光をして
ロンドンに向かって南下していきます。

ではまた。
_MG_6303_800_20120630015057.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。