上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

フランスのニースにいます。

スペインのトマト祭り、La tomatinaの参加しました。
まずトマティーナ会場への行きかたと
どうやって参加するかを書きます。

トマティーナは、
南東スペインのValncia(バレンシア)近くのBunol(ブニョール)という村で行われます。
参加費や参加登録などはありません。
行って、トマトを投げればいいだけです。

会場であるブニョール村へは、バレンシアから電車で1時間かかります。(片道3.45ユーロ)
ブニョールにも宿はありますが、
かなり早い時期に予約しないと泊まれません。

一方でバレンシアは大きな街なので、宿はたくさんあります。
ただし祭り間近になると同じく宿代が高騰するので
なるべく早い予約が必要です。

8月初めに私が調べたときはもう宿代が高騰しきっていました。
あきらめてバルセロナで宿をとりました。
バルセロナからバレンシアは片道3時間です。

祭りの時は
前日にバルセロナ→バレンシア→ブニョールと電車を乗り継いで
前夜祭を見ました。

そのまま会場の村で野宿して
翌日のトマト祭りに参加するという
節約旅行者らしい流れを実行しました。

まずはバルセロナでアンジー君と待ち合わせて
翌日、ロンドンから飛んでくるEちゃんを空港で出迎えます。
DSC_0742a_800.jpg

その足でバレンシアへ移動します。
バルセロナ→バレンシア間はバスがもっとも安い(片道26ユーロほど)ですが
この時期のバスはすぐに満席になります。

私たちはバスチケットが買えなかったので、電車で移動しました。
バルセロナーバレンシア間で、往復70ユーロでした。

片道40ユーロほどで、往復で買うと帰りのチケットが割引されます。
「片道だけ買って、向こうで帰りのチケット買うときに行きのチケット見せれば
それで割引してくれるよ」
と係員は言いましたが、職員によって話の違うことがざらにあるのが外国です。
あらかじめ往復で買っておくといいです。

出発は28日の17:00の便。
帰りは29日の18:00の便でした。

バレンシアからブニョールへはまた電車です。
P1190071_800.jpg

バレンシアの駅から地下鉄でSant Isidre(サン・イシドロ)駅まで歩いて行って
そこからブニョール行きの電車に乗ります。

Valencia Nort駅でメトロの入り口がわからなかった私たちは
人に尋ねました。すると
「これに沿っていきな!」
と教えられ、地面を見ればそこには、
P1190073_800.jpg
トマト

さっきから何回がここを通ったのに、これに気が付かなかったとは!
悔しすぎます!
でもこのトマトいい顔してます!

地面に張られたこの
トマトに沿っていけばメトロの入り口に着きます。

バレンシア・ノルト駅最寄の「Bailen」駅
P1190075_800.jpg

私たちがバレンシアに着いたのは午後の8時半で、
サン・イシドロからブニョールへの最終は10時過ぎくらいです。

電車の中ではすでに祭りの雰囲気、みんな騒いでいました。
私はもういい大人なので休みました。
_MG_2767b_800.jpg
1時間でブニョールに到着します。

ブニョールの設備は
・食事
多くの食堂が夜遅くまで開いているので
食事できます。
こちらはビールとパエリャ、4.5ユーロ
P1190085_800.jpg

・荷物
駅から会場に向かう間に
民間の荷預け所が開設されています
駅近くは24時間やっているとこが多いです。
(料金3~5ユーロ)

・トイレ
会場のあちこちに簡易トイレが設置されています。

・野宿の場所
会場には遊園地が設置されていて
その奥のほうの、遊園地通路の裏側で
日本人がたまっている場所がありました。
安全な雰囲気でした。
P1190099_800.jpg

会場から離れた場所に公園もありますが、
人気も少なく怪しげです。

野宿しなくても、
当日朝の8時前に会場へ行けば
トマトが撒かれる地点にはいけます。
P1190091_800.jpg


さて、前夜祭会場の写真をとっていると
「もりさーーーん!!」
と私を呼ぶ声がしました。
P1190092_800.jpg
モンゴルで会ったハム君が駆け寄ってきます。

「おーーー!」
と、約一年ぶりの再会と抱擁。
彼も祭りに来ることは知っていましたが、会えるとは思いませんでした。

ハム君が合流して、4人になりました。

そのあとも、キルギスとロンドンで会った旅人ブンペイさん、
バルセロナの宿で会ったT夫妻ともばったり遭遇しました。

みんな翌日を待ちきれない様子で
浮かれていました。
P1190087_800.jpg
このあと、
前夜祭は夜明まで続きます。

次回はトマト祭りの様子です。
果たしてどれほどの盛り上がりを見せるのか?
ではまた。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。