上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

106ヶ国目、グルジアの首都トビリシで
アゼルバイジャンビザを申請しています。

今回は先日行ったイスラエルの様子をお届けします。

イスラエルはテロなどで物騒なイメージがありますが
観光の際に危険は感じませんでした。
_MG_4082_800.jpg

イスラエルでの観光は第一がエルサレムです。

エルレムは首都のテルアビブからバスで1時間ほどの街です。

エルサレムの旧市街は「世界一聖地的要素が濃い」場所です。

エルサレムの旧市街にはイエスが磔刑を受けた
「ゴルコタの丘」があり
イエスの墓もあります。

ユダヤ教の聖地「嘆きの壁」もあります。

イスラム教の聖地「岩のドーム」もあります。

これら各宗教の聖地が、狭い旧市街に肩を寄せ合っています。

キリスト教は
ユダヤ教が盛んだった時代に生まれたイエスが
「ユダヤ教じゃない考え方もあるよ」
として広めた思想です。

それを気に入らなかったのはユダヤ教を保護していた権力者で、
ユダヤ教の中心地だったエルサレムで
イエスを処刑したわけです。

イエスの死後広まっていったキリスト教が
ローマ帝国の時代に国教とされました。
ローマ帝国の支配地域だったエルサレムでも
キリスト教が第一の宗教になりました。

時は流れ栄枯盛衰、
イスラム教国家がエルサレムを支配する時代となります。
するとムハンマドが昇天した場所として
「岩のドーム」が建てられました。

そして現在のエルサレムは
どの宗教にとっても歴史的に深く関わりがあり
由緒ある大事な場所となっています。
ゴタゴタが収まらない理由でもあります。

次回はまずキリスト教の聖地を紹介します。
では。
_MG_4097_800.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。