森です

世界の三大料理といえば何でしょうか

人口に膾炙しているのは「中華」そして「フレンチ」です。
この二つの料理は確かにおいしいです。
アイデアとか技術とかも幅広く
すごいと認めます(←何様?)

すると三つ目はなんでしょう。

ここでよく挙げられるのが「トルコ料理」です。

しかし以前、トルコでトルコ料理を食べたときは正直
それほどでもない印象がありました。
今回、またトルコに行ったので
再び検証してみます。

イランビザ関係でトラブゾンにいたので、
そのあいだに食べたものを紹介します。
_MG_4875_800.jpg

基本的に私の食事は安価なものが多いです。
(バックパッカーですから!)

安くておいしいものが食べれられるというのも
食文化として重要なことだと思います。
(フランスは予算がないとおいしい料理は食べれません)

食事は基本的にロカンタという食堂で食べました。

目で見て選べるから助かります。
_MG_4901_800.jpg

町にはこのロカンタと、ケバブ屋&トルコ風ピザ屋がたくさんあります。
食事には困りません。

ロカンタでは煮込み料理を多く置いています。
野菜と肉をトマトなどで煮込んだものです。
たとえば
_MG_4868_800.jpg
茄子がトロトロでおいしいです。
8トルコリラ(約350円)
普通のロカンタだと、一品8リラが平均でした。
パンと食後のトルコティーつきです。
この野菜と肉の煮込みは他にも
バリエーションがあります。
ただ、具材が違うだけで味付けは同じです。
_MG_4799_800.jpg
この茄子のとろける舌触りはなんでしょう。
油を大量に使っているんでしょうか。
この茄子の食感は日本であまり味わえません。

こちらはヨーグルトの野菜煮です。
_MG_4869_800.jpg
完全なベジタリアン食です。
5リラ(約230円)
茄子をはじめ、野菜はとろける感じです。

しかし薄味なのでパンとあまり合いません。

トラブゾンは海沿いなので魚もとれます。
_MG_4913_800_20120926035103.jpg
魚の煮物(8リラ)
サバです。

身もふくよかでおいしいです。
味付けは野菜スープ。あっさりです。

外国で魚を食べると
日本が懐かしくなりますね。

トルコ料理にはスープもつきもので、
こちらは豆のスープです。
まろやかで、これとパンで一食いけます。
2リラ。
P1190519_800.jpg

こちらはヨーグルト風味のスープ
酸味強いです。
香草と玉ねぎが主な具でした。
肉の筋も入っています。
P1190515_800.jpg
隣にあるのは豆と野菜の煮込みを
ご飯にかけてもらったものです。
おいしい。
けど煮込み系はどれも味が似通っていますね。
5リラ。

ロカンタでは「一皿いくら」なので
気になる料理を一皿に少しづつ盛ってもらうこともできます。

さて
トラブゾンで食べたトルコ料理ですが、
おいしいことはおいしいです。
ただし飛びぬけた感はありません。
バラエティもそれほどないですし

結果、
トルコ料理は世界三大料理のひとつと
認定しません(偉そう)

今回はこれで
では。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)