上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

スリランカを旅しています。

今回はイランの食事について。

「旅人に優しい国、イラン」というのが
バックパッカーの間で定説です。
そしてそれは事実です。

ただしもうひとつ有名なのが
「飯がまずい」
というものです。

みんな口を揃えてそう言いますが
本当のところはどうなのか。
Q:ほんとにそう?
A:まあまあホント
というのがホントのところです。(変な文章)

食堂ではケバブが一般的です。

これはテヘランで賑わってた店
90000リアル(約270円)
めくってみます。
P1200421_800.jpg
値段は若干高めですね。
味は普通の肉焼き、スパイスは控えめです。

これはイスファハンの店のもの
P1200495_800.jpg
45000リアル(約120円)
味はまあ、肉焼きです。

こちらは牛肉と魚のフライとチキンのケバブ
P1200411_800.jpg
魚は久しぶり!やはり魚おいしいですね。
個人的には、ケバブの中ではチキンが
一番いけると思います。柔らかくておいしい。
90000リアル(約240円)

イランの食事は基本的に薄味
脂っこさとかもない
アルコールが禁止の国だからでしょうか。

日本の外食になれた人(私だ)には物足りない味です。

こちらは中東名物
チキンの丸焼き
_MG_7759_800.jpg
店先でチキン達がぐるぐると回されているので
「ぐるぐるチキン」と呼ばれています(いま私が命名しました)

ハーフで70000レアル(約200円)
チキンの命って安いですね・・・

サンドイッチ屋はどこにでもある

ハンバーガー
15000レアル(約48円)
P1200531_800.jpg
これもいたって控えめな味付け。
これに比べるとマックのバーガーがどれだけ
荒々しい味だったかがわかります。
チワワと土佐犬みたいなものです。

豆のサラダのサンドイッチ
P1200488_800.jpg
10000リアル(26円)と安い。
お腹もちゃんと膨れます。
コーラはどこでもだいたい5000リアル(13円)
これも安い。メイドイン・イランのコーラです。

食堂の主役は煮込み料理
これは主に朝食べるという
羊の内臓の煮込みです。
_MG_7625_800_20121017142620.jpg
とんこつスープのような色をしてるので
心が浮きだちましたが、
期待はすぐに打ち消されました。
_MG_7620_800_20121023001255.jpg
薄味であり、臭みもあり、食感も赤潮(食ったことないが)みたいで
朝からこれはきついですね、ビジュアル的にも。

食堂の定番はチキンとライス
イランは米も主食です。
_MG_7765_800.jpg
米にはサフランライスがふりかけてあります。
65000リアル(約180円)
米はパサパサ甘みは少ない
カレー系のスープは、コクがなかったです。
不味いわけじゃないんですけどね。

ちょっとお高いレストランにも行きました。
噴水なんかがあります。
_MG_7986_800.jpg
ペルシャ絨毯の上に座って食べます。
王様になった気分(←単純)

どっさり頼んでみました。
_MG_7989_800.jpg
ラム肉ほろほろしてかなりうまい

セロリの煮込みもまあまあ。

豆ご飯は正直「?」な味だったが

個人的にヒットだったのが
「ホレシュテ・フェセンジャーン」
という煮込み料理
黒いものです。

ザクロなどを使った鶏肉のスパイス煮込みで
けっこう甘い、だがコクがありおいしいです。
2人でこれは食べ切れない量で
コーラの大ペットボトル(酒類は禁止の国!泣)

お値段は高く400000レアル(約1040円)
これだけ豪華なレストランで
1人500円で食えるなんて、イラン、いい国ですよ。

ちなみに、アルコール禁止のイランでは
「ビール」と銘打っている麦ドリンクがたくさんあります。
しかし日本のノンアルコールビールみたいに
ビールを真似した味ではなく
フルーツ味がついていて、もはやビールとは別の飲み物
けっこういけます。
P1200484_800.jpg


食事のあとはデザート
イランは果物が豊富なので、フルーツジュースがおいしい。
ニンジンがポピュラーで、それにフルーツを混ぜることもできます。
にんじん+バナナ≒20000レアル(約50円)
P1200405_800.jpg

アイスのレベルがかなり高いのに驚きました。
P1200408_800.jpg

3スクープで20000レアル(約50円)
味はザクロ、イチゴ、ラズベリー、オレンジなどたくさん
デイツ(ナツメヤシの実のおかし)のアイスもあります。

こんなデコレーションケーキもありました。
P1200455_800.jpg
これ、かわいいか?
表情が「断末魔のそれ」です。

間食のスナックもおいしい
P1200485_800.jpg
だいたい一袋5000レアル(約13円)
味のレベルも高いです

飯も食ったし、夜の街に遊びにいくか!
とはいえ、
酒がないから居酒屋もバーもありません。
どこでまったりするかといえば

チャイハネ

水タバコが吸える喫茶店です。
まず男しかいませんが。
_MG_8112_800.jpg
ローカルのチャイハネ
水タバコはフルーツの味で選べて
一本25000~50000(260円)くらいです。

ティーのポットが15000レアル(約38円)
_MG_8116_800.jpg
イランの人は甘党なので(中東は基本的にそう)
砂糖をどっさり入れて飲みます

水タバコは一本30分くらいもつので
紅茶を飲みながら絨毯の上に座ってのんびりふかします。

私はタバコを吸わないけど
味はおいしい。

ただ、肺がすこし重くなりまsちあ。

さて
そういったわけで
今回はイランの食事情を紹介しました

旅人が言ってたほどひどくはありませんでした。

ただ、楽しみにするほどでもありません。
では今回はこれで。
_MG_8114のコピー_800
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。