上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生一寸先は麺類

麺類を食べながら世界を放浪する
世界百麺相

今回はイランの麺類です

イランの町角でときどき見かける
ファストフードの店で、
麺類の専門店がある。

食べないわけにはいかない。

どこの店もだいたい
髭をはやした親爺がやっている。
_MG_8404_800.jpg

店の前で立ちどまり、挨拶。
「ハロー、おやじ」
「へい、いらっしゃい!」
「一杯ちょうだい」
「あいよっ」

_MG_8403_800_20121029055908.jpg

その85麺相「アーシュ・レシュテ」
_MG_8400_800.jpg

豆をベースにしたスープに
うどんのような麺が入っている。

玉ねぎ、にんにく、ターメリックやトマトペースト
などが感じとれる。

味は「うすーいカレーうどん」
といった風味。

油や香草などの黒いソースがかかっている。
具はあまり入っていない。
_MG_8397_800.jpg
そしてやはり、麺は柔らか。

麺自体はとくに重要視されていない。

「スープだけだとお腹が膨れないから
麺をいれたよ」

といった程度の扱いだ。
麺の地位は低い。

一杯5000レアル(約13円)

安いから何も文句は言えない。

だけどそろそろ
コシの入った麺が食べたいですよ。
_MG_8402_800.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。