上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
君の瞳に麺類

世界の麺類を食べ歩く
世界百麺相のコーナー

今回は前回に引き続き
エジプトの国民食、
「コシャリ」を紹介します

このコシャリはけっこう融通がきく食べ物だ。
注文するときに、
好みで米を多くとか、揚げ玉ねぎを多めでとか、各分量の注文もできる。
ただ、英語が伝わらないことも多いので注文が反映されないこともママある。
いまのところ成功率は七割くらいである。

私的には、米を増やすとがぜんおいしさが増す。
やはり日本人なんだな、と実感する瞬間だ。

コシャリの味は店によって多少は違うが。
熱く論じるほどは違わない。
コシャリは、コシャリだ。違ってもせいぜい、
「この店、ちょっとおいしいね」と、その程度である。
バブル期の日本みたいに、雑誌にのっていた店に行列を作る。
なんていうことはどのコシャリ店にもない。

エジプトで私はほとんど毎日コシャっていた.
安い、早い。
と、ファストフードの二大要素を持っていてラクダ。
IMG_7908_800.jpg
ラクダ。

コシャリは一杯4ポンド(55円)くらいが相場である。助かる。
カイロで食べたコシャリをもう少し紹介する。
世界100麺相、その16麺相:コシャリたちP1100002_640.jpg
混ぜたらこうなる。
P1100003_640.jpg

コシャリ。
IMG_7857_640.jpg
スモールサイズの米を多めで頼んでみたぞ。
IMG_7859_640_20110310041223.jpg
運ばれてきたのはラージサイズ。
大量のマカロニである。
まったく伝わってなかったのね。
IMG_7862_640_20110310041223.jpg

屋台でコシャリ
IMG_7750_640.jpg
今回は米を多くと頼んでみたぞ。
IMG_7751_640.jpg
成功だ。コメたっぷり。
しかしこうなるともはや麺類と呼べるか疑問だがな。
だからここまでにしとく。

コシャリ以外のエジプト料理も載せとこう。
ハトのご飯詰め。
P1100008_640.jpg

P1100011_640.jpg
エジプト料理はどれもパッとしなかったけど、
これはうまかった。
みんなもこれ食べナ!
ではまた次麺!
IMG_7503_800.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。