上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

今回はポカラからバイクで

ヒマラヤを望むビューポイントへのツーリングです

前日のうちに町なかの貸しバイク屋と交渉をする
IMG_6449_640.jpg
牛も貸し出し中?

バイクは道端で、貸し出している
店主はジェロム・レ・バンナにそっくりのマッチョ(黄色いシャツの男だ)
「あいつ、ボディー・ビルが趣味なんだぜ」
とは、ラムの情報

24時間。ガソリン満タン返しで
1200円で借りる
車種はインド、bajaj社「パルサー」
P1020947_640.jpg
ネパールではよく見かけます。
150cc。

出発は早朝の5時

肌寒さすら感じる
夏のネパールの朝

後部座席から
ネパールの美しい景色を
撮りつつ
のんびりと行こうと思っていたのが
ここで大問題が発生

ガイドのラム29歳
明るい人柄
妻一人、子一人
P1030003_640.jpg
このラム
ものすごく運転が下手だった


スタート時にいきなりクラッチを離す

それもアクセルを吹かしたままそうするから
毎回、ウィリーする!と思い受け身の準備をします。

どうもギアを変えるのが苦手らしく
時にはファースト・ギアのまま走り続けたりする

アクセルを握る手もぎこちないので、バランスも悪く、最初の5分で
何度クラッシュしそうになったことか

ここで、貸しバイク屋の主人(ジェロム・レ・バンナ系)の言葉が頭をよぎる
いいか。ガイドが転んでも、傷は借りたお前の責任だからな
                                                だからな
                                                 だからな
                                                  だからな・・・

「よし。次は俺が運転するよ」
最初の5分でこれはだめだと思った私が、交代を提案。

「そうだね」
と、ラムも素直に承諾

かくして私が運転手となりました。

ラムにカメラをわたし、走ってる間に
なにかおもしろいものがあったら
撮ってくれと頼みましたら
ラムはこんなものを撮りました
P1020973_640.jpg
P1020977_640.jpg


さて、ネパールの道、路面状況はあまりよくないです

雨季なので、土砂が崩れてたり、山からの水が
路面をたっぷりと流れてたりします
P1020994_640.jpg

時に大きな穴があいていたり、
時にアスファルトが剝がれていたり
でっかい亀裂が入っていたり

それらを避けたり、
減速して通過したり、
思わずはまってしまったり

大変ですがこういうのなんか楽しいです
IMG_6612_640.jpg

後部座席にいるラムは鼻歌を歌ったり、
道端の女の子に声をかけたり、
陽気です

「女の子がいたら、ホーンを鳴らしてくれ」

ラムからのそんなリクエストがあり、
女性がいたら(若い人だけだそうだ)
ホーンを鳴らす

そして彼女らが振り向いたら、ラムが
「かわいいね」
とか声をかける。

しかし、ネパールの女性は美人が多いですね。
おもしろそうにこちらを見る彼女らの笑顔はかわいい

そんな具合でドライブは続き、峠を越え、山間の道を走っていきます
P1030021_640.jpg

山間にはところどころ集落があり
そこでコーヒーや紅茶を飲みながら休憩する
P1020991_640.jpg
P1020993_640.jpg
P1030045_640.jpg
"http://blog-imgs-38.fc2.com/s/e/k/sekatyoku/P1020990_640.jpg" target="_blank">P1020990_640.jpg
これは噛みタバコ
くちゃくちゃやってる人をよくみかける
味は、なんだか酸っぱカラ苦いみたいな感じ。

こちらは大きめの村
P1030034_640.jpg
ランチをとります
P1030014_640.jpg
P1030012_640.jpg
この日の昼食 
豆と肉 
真ん中の白いのは米の加工品です。
硬くて味はない。
一皿約65円。

さて、ラムのほうではもう
自分が運転する気はないようで
ドライバーは完全に私になりました。
「次にユーが来るまでに、バイクを買って練習しとくから
とラム。

ネパールでバイクは中古で15万円くらいとのこと。
こちらの人にはかなり高額です。

ラムが本当にバイクを買うのか、疑問だ。

さてツーリング再開。
IMG_6623_640.jpg
IMG_6605_640.jpg
全国の棚田ファンのみなさんお待ちかね
ネパールの棚田画像です。
たまりませんね。


ネパールの風景はほんとうに美しい

こんな美しい景色を眺めながらの運転だと
視線が路面から離れてしまうことがある

そしてときどき、路面の穴や段差に気づかずに
車体が跳ねてしまうこともあります

するとラムが叫び声をあげます。
驚きと、お尻が痛いのとで。

「ねえ、景色を見るより道路をみなよ。俺たち転んじゃうよ」
とラムは口を尖がらせて忠告します。

おい待てラム、
俺は観光客だぞ。
ヒマラヤまできて景色を見るなって
そんな忠告するガイドいるか?

とそう思いましたが

まあバイクで走るのも楽しいから
いいかなと思いました。

ネパールの自然に包まれていると
心がおおらかになるんですねえ。

しかしラム
昨日たしか
「明日はバイクのほうがベターだね」
とか言ってたが。
あの運転技術でよくそんなことが言えたもんだな。

ヒマラヤのほうは、雲がかかることが多く
あまり目にすることはできませんでした
P1030035_640.jpg

結局10時間ほどのドライブを、
1人で運転しました。

ヒマラヤの山容はあまり見ることができなかったけど
思う存分、ネパールの山間をドライブで来たから
それで十分。
楽しかったです。

昨日のトレッキングより疲れましたが。

では今回はこれにて。
P1030103_640.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。