上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆっくりと、しかし確実に麺類

麺類を食べながら世界を放浪する
世界百麺相のコーナー

韓国の麺行脚も今回が最終回。

思えばいろんな麺類に出会いました。

そしてトリを飾るのはこちら。

その57麺相、「全州(ジョンジュ)コンクッス」です。

DSC01866_640.jpg
「ベテラン」という有名店で食べました。

全州のコンクッスは、豆乳のスープに蕎麦の麺がはいったものです。

夏季限定の、風物詩的な食べ物で、

麺とスープの上になんと
かき氷キナコがか乗っています。

この組み合わせ
ほんとにおいしいんだろうか。

見た目では味が想像できない。

さらに不安を煽る事実がひとつある。

たくさんいる客で、コンクッスを頼んでいるのは私だけ

DSC01864_640.jpg

みんな、どうしてコンクッスを食べない?

みなさん、通常のカルクッス(韓国うどん)を食べています。
(そしてここのカルクッスがまた、やけにうまそうだ)

とにかく食べてみよう。

DSC01868_640.jpg
甘い

豆乳の濃密な舌触りと、きなこの甘さ。
そしてかき氷の冷たさ。

まずくはないですが、うーん。

うまくはいえないが
方向性としては

「ラー油や豆板醤などを入れ忘れた坦々麺」

みたいな感じがする。

クリーミーですが、蕎麦をこういう形で食べる必要性が、感じられないというか・・

食事として食べるからいけないのかもしれない

それより、デザートと考えて食べてみることにしてみます。

うーん、
デザートとしてなら蕎麦はいらないかな。

かき氷ときなこと豆乳だけでいい。
デザートとしてならば。

夏の風物詩って聞いたけど、もしかしてラクガンみたいに
供えておくだけのものとか?
食べてもおいしくは作られてないとか。
・・なわけないか。

何かが足りない。
とかではなくて、この組み合わせにする必要あるのか?
という感じでした。
半分以上残して、こっそり店を出た。

5000ウォン(約380円)。

これで韓国の麺行脚は終了。
締めに珍しい麺類を食べれたので満足だ。

韓国の麺たちよさようなら。

また会いにくるよ。
福岡から近いし。
では。
ごちそうさまでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。