上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
獅子は千尋の谷に麺類を突き落とす!

麺類を食べながら世界を放浪する
世界百麺相コーナー

前回に引き続き中央アジアの麺類を紹介します。

中央アジアの麵類は基本的に
スープ系はほとんどありません。
だいたい茹でた麺に、ソースかをかける形になります。

そして夏のウズベキスタンにはおもしろい麺類があります。

なんと、麺とヨーグルトの組み合わせ。

それがウズベキスタンのホレズム地方の夏の定番
その72麺相・「シュビト・オシュ」

P1040454_800.jpg

緑色の麺には香草が練り込んであります。
これは見た目にも涼しげ。

ソースはやはりトマト系の羊肉煮込み。
そしてそれに、ヨーグルトがかかっている。
酷暑のウズベキスタンの夏、
冷たい麺に、ヨーグルトでさっぱり頂こうという趣向です。

店によっては、ヨーグルトの量も違います。
こんな風にじゃぶじゃぶヨーグルトもあり。
P1040456_800.jpg
緑色の麺がヨーグルト色に染まっています。

うう・・、
ヨーグルトの酸味ばかりが印象に残って、
ほかの風味はあまり感じられない。

食事半ばで飽きてくる・・・

中央アジアの食事は薄味が多く、
インパクトはありません。

酒を飲まないからかな
と考えたりしたり。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。