森です

ロンドンで居候生活しています。

今回はスリランカのヌワラエリア地方の
ティーファーム訪問記です。

前回はペドロ農園について書きました。
今回は「Labookelle Tea Centre」
ラブケリー農園です。
_MG_1458_800.jpg
行き方はキャンディーのバスターミナルから
バスでヌワラエリア行きのバスに乗ります。
_MG_1387_800_20121115080759.jpg

山道を行き(かなり揺れます)
ヌワラエリアの手前30分の所に
ラブケリー農園があるので、そこで降ります。

毎日見学できますが、日曜日は工場は稼動していません。

工場は山に囲まれていて、山の斜面は茶畑です。
レセプションの建物にはティールームと土産物屋があります。
ここで最初に紅茶が振舞われます。紅茶は無料です。
そのあとガイドと製茶の過程を見学します。
所要は15分くらい。

そして茶畑を散歩です。
山肌はすべて茶畑。
_MG_1561_800.jpg

_MG_1599_800.jpg

茶を摘むのはタミル人の女性たち
木の先に芽吹いた葉を摘みます。
_MG_1548_800.jpg

_MG_1494_800.jpg

_MG_1518_800_20121115080758.jpg
黄緑色の葉を手にとると鮮やかな茶葉の香りがしました。

山の中にタミル人の集落があります。
_MG_1625_800.jpg

紅茶園の労働にはタミル人が従事します。
イギリス支配下時代、シンハラ人よりも
タミル人の方がマジメに労働するから
イギリス人が茶畑の仕事に充てたとのことです。

_MG_1609_800.jpg

_MG_1678_800.jpg

茶畑を散歩して
ティールームに戻り
また紅茶を飲んで〆。
_MG_1417_800.jpg

土産を買ってキャンディー戻ります。
ここで帰る紅茶は100円~200円ほど。
日本での価格の5分の1~10分の1ほどです。

よい一日でした。
以上、スリランカのラブケリー紅茶園でした。
ペドロ農園よりも見応えがあります。
では。
_MG_1583_800.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)