上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

今回はスリランカの安宿・ゲストハウス・ホステル情報です
(2012年10月現在の情報)
スリランカにはドミトリーがあるホステルを見ません。

ゲストハウスをシングル使用することになります。
宿代は他のアジアに比べて高いです。
1000~2000ルピー(600~1200円)はします。

同じ価格でもゲストハウスによって
設備の良し悪しの差が大きいので
数軒見比べてから決めましょう。
(1ルピー≒約0.63円)

アヌラーダプラの安宿・ゲストハウス

「indrani in(インドラニ・インゲストハウス)」
シングル1200ルピー。
wifiあり。
水シャワー。

「地球の歩き方」に載っています。
最悪の宿でした。
長い旅の中でもワースト5に入ります。

値段の低い部屋は部屋に窓がなく、湿気が多くて悪臭がします。
部屋のコンセントが二箇所とも壊れて使えません。

そしてたくさんのゴキブリ。
大きなゴキブリが這い回って眠れません。
夜9時頃、殺虫剤やコンセントのことで何度か
オーナーの住居エリアへ伺いましたが、
二回目からは「もう寝てるから」と出てきません。
夜10時を過ぎると客室の入り口ドアがロックされて
外にでられなくなります。
喉が渇いても水を買いに行けません。
_MG_9128_800.jpg
オーナーは「うちのトゥクトゥクは遺跡の抜け道を知ってる
入場料なしでガイドしてあげる」と違法行為を薦めてきます。
ガイド料も高いです。

一泊で去りました。

アヌラーダプラの良い宿は
「the gurand holiday tourist in」 という
ホテルの周り一帯に固まっています。
P1210202_800.jpg

価格は1000~2000と様々です。
私が泊まったのは
「Ceylan Lodge」というゲストハウス
シングル1500→1300ルピーに値下げ。
Wifi(安定している_
水シャワー、ファン。
部屋は広くて清潔。
レセプションの前の5号室に11泊しました。
_MG_9130_800.jpg

_MG_9132_800.jpg


ポロンナルワの安宿・ゲストハウス
「manel guest house」
旧市街(オールドシティ)のラウンドバウトから
南へ3分ほど歩いたところ。
シングル1500ルピー→1200ルピーに値下げ。
wifiは安定。
水シャワー。ファン。
トイレも部屋も清潔感はなし。
_MG_0253_800.jpg

蚊が多く、シャワールームで蚊取り線香を炊いたら
誇張じゃなく100以上の蚊が死んでいました
Wifiのある安宿は少ないのでここにしました。


ダンブッラの安宿・ゲストハウス
「sunray」サン・レイ・ゲストハウス。シングル一泊1800→1300ルピーに値下げ。
ホットシャワー。ファン。
wifiは遅いです。
石窟寺院から町のほうへ歩いて5分の所にあります。
_MG_1019_800.jpg


キャンディーの安宿・ゲストハウス
「sedona guesthouse セドナゲストハウス」
ツイン2500→シングル使用3日連泊で1泊1600ルピーに値下げ。
Wifiあり、かなり不安定。
ホットシャワー。ファン。
部屋もシャワールームも清潔。
門限が23時です。
_MG_1284_800.jpg
湖畔の宿は最低でも2200ルピーします。


ニゴンボの安宿・ゲストハウス

「Dion ゲストハウス」
ダブルベッド2000ルピー→1500ルピーに値下げ。
wifiあり(そこそこ安定)。
ホットシャワー。ファン。
新しく清潔。
上手な日本語を話すスタッフがいます。
P1210442_800.jpg

行きかたはニゴンボのバスターミナルから
905番に乗りホテルが集るリゾートエリアに行きます。
P1210382_800.jpg

所要12分。15ルピー。
リゾートエリアが始まる場所、
位置的には「サンセット・ビーチ・ホテル」の手前辺りです。
「地球の歩き方」に載ってる「ラニ・イン」
値段交渉して20ドル(2600ルピー)→1500ルピーに
落ちましたが、条件は上記の「dion guesthouse」の方が良いです。


コロンボの安宿・ゲストハウスは
宿泊しなかったのでわかりません。
ただ、コロンボは騒がしいだけの町なので
特別な用事がない限りは
空港からはニゴンボへ向かう方が良いと思います。

以上
スリランカの安宿・ゲストハウス情報でした。

旅人の役に立ちますよう。
では。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。