森です

ロンドンを去るまであと4日です。

今回はロンドン郊外の高級住宅街「Richmond」の様子をお届けします。

地下鉄District lineの終点Richmond駅で下車。
バスパスやゾーン2、3までのトラベルカードなら
ハマースミスからバスが出ています。

駅前はロンドンの普通の町並み。
_MG_2651_800.jpg
マーク&スペンサーやブーツなど大手の店が多くあり、
_MG_2681_800.jpg

_MG_2678_800.jpg

_MG_2677_800.jpg
必要なものはすべて揃います。

町にはゴミが少なく、店構えもキレイです。
_MG_2675_800.jpg

_MG_2670_800.jpg

_MG_2649_800.jpg

_MG_2657_800.jpg

住人は白人がほとんどです。
ロンドンは人種の住み分けがはっきりしています。
大まかに言うと、東が移民、西が白人という感じです。

所得は冬の気圧配置、西高東低。
リッチモンドは市中心部の南西にあります。
_MG_2674_800.jpg

_MG_2687_800.jpg

_MG_2700_800_20121124192417.jpg
リッチモンドの町は大きくありません。
町のそばにはテムズ川が流れます。
ロンドンの中心を蛇行するテムズが
ここまできています。
_MG_2711_800.jpg

_MG_2726_800_20121124192421.jpg


ここから公園が広がります。
リッチモンドの人気は広大な公園です。
私はイギリス人ほど都市に緑を求める国民を知りません。

_MG_2747_800.jpg

リッチモンドの公園は巨大で
NYのセントラルパークの3倍あります。
かつてヘンリー8世の狩猟場であり、
今でも野生の鹿が生息しています。

私が行ったのは11月の中旬。
秋も終わりに近い時期です。
空はあいにくの(イギリスらしい)曇天で
日が落ちるのも早く(4時半頃にはもう暗い)
公園の一部しか見れませんでした。

ではリッチモンド公園の様子をどうぞ。

_MG_2800_800_20121124192622.jpg

_MG_2841_800.jpg

_MG_2874_800_20121124193326.jpg

_MG_2770_800.jpg

午後5時。すっかり陽も暮れて夜になりました。
空気もぐっと冷えてきます。
今日はこれでおしまい。
シティ・センターに戻ります。
ではまた。
_MG_2903_800.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)