森です

アメリカからアジアに渡りました。
日本にいます。

今回はアイスランドでオーロラを見る方法です。
(情報は2012年11月のものです)


私がアイスランドに行ったのは
11月後半でした。
首都のレイキャビク
気温は5度。
思ったほど寒くありません。

冬ののアイスランド
目的はオーロラです。
オーロラは英語でnorthern lights)といいます。

オーロラを見る条件をチェックするために
下調べをしましょう。

一番便利なサイトは
national metographical(ナショナル・メトグラフィカル)
という機関のサイトです。
http://en.vedur.is/
アイスランドの気象庁のようなものでしょうか。

オーロラが見るためには
必要条件が二つあります。

ひとつは晴天。

もうひとつは、空にオーロラが出ていること。

空が晴れている場所で、
上空にオーロラが発生していれば
オーロラが見れるというわけです。
シンプルですが、これがなかなか難しいのです。

上述のサイトでは天気予報や
アイスランド全域の雲の動き、
上空の雲の厚さ、雲の晴れ間などの情報があります。

そしてオーロラが発生する確立が
1から9までの段階で表示されます。

二つの条件をクリアする場所を探し
レンタカーなどでそこへ移動するという方法が
費用や楽しさなどの面でベストだと思います。

もしくはオーロラツアーに参加すること。

(レンタカーは市内中心部にいくつかオフィスがあります
日本の運転免許証でレンタルできました)


レイキャビク市内の徒歩圏では
池の周りが、視界が拓けていますが
街の光もあるので、条件は悪いです。

さて
11月下旬から12月初旬のアイスランド。
今年はオーロラの当たり年で
オーロラの活動が活発だそうですが、
実際の条件はよくありませんでした。

10日間滞在して
見れたのはたった1日です。

では
その一日の行動を書きます。

午後19時
レイキャビク近郊の雲の動きを見て
晴れ間がでそうな場所へレンタカーで移動。
この日は国際空港の方角でした。

私と一緒にアイスランドへ行った他の二人は
それがアイスランド滞在最後の夜です。

雲が晴れていて、
光がない場所を探しながら、車で走ります。
そしてそれは午後11時ごろのことでした。

「あ、あれってオーロラじゃないですか?」

後部座製に座っていたEちゃんが言いました。

運転をしていた私は、よく見えません。
「ちょっとカメラで撮ってみますね」
そう言ってEちゃんは夜の空をカメラで撮ります。

オーロラは雲と違い、カメラに収めると色がつきます。
E子ちゃんがシャッタースピードを遅くして
窓の外の地平線を撮りました。

「あ!やっぱり!色がついてる!」
ファインダーの中に映し出されたのは、
地平線の上にある、かすかな靄の様なもの。
そこに緑の色がついています。

まさしくオーロラの色です。

車を止めて、地平線の彼方を眺めます。
_MG_5727_800.jpg

オーロラが、次第に動きを増してきました。
_MG_5732_800.jpg

煙のように立ち上ってきたかと思うと、
反物のように空へ伸びていきます。
_MG_5740_800.jpg

肉眼でもはっきりと緑の色を確認できるようになりました。
刻々と形は変えます。

ただし、この日のオーロラ発生率(活動の状態)は「
あまり活発ではありません。

布に水が染みてゆくように
ゆっくりと空へ拡がる様子です。
_MG_5751_800.jpg


しかし
時とともにオーロラは活発になってきました。

空には無数の星が浮かびます。
オーロラは空の右から左へ帯となって拡がります。
_MG_5775_800_20130126190732.jpg

巨大な生き物が深く呼吸をするように
オーロラが身体を動かします。
_MG_5776_800.jpg

やはりオーロラ、
規模は小さくても魅入ってしまいます。
_MG_5772e_800.jpg

オーロラは言葉を奪います。
表現することを忘れて
その美しさを前へ立ち眺めます。
_MG_5764a_800.jpg

一度だけオーロラが激しく身動きしました。
思わず声が出ます。

時間にして小一時間ほど活動していたでしょうか。
オーロラは次第に弱まり、空の闇へと溶けていきました。


今回私はアイスランドに9泊10日しましたが
オーロラが観れたのはその一晩だけでした。
天候的に曇り空が多く
晴れていてもオーロラの活動が弱くて見えない
という日が続きました。

他の旅人の話を聞いた限りでは
アイスランドよりも
北欧かカナダの方が
オーロラを観れる確率は高そうです。

オーロラのみが目的なら、アイスランドよりも
他のそれらの地域の方が良いと思います。

私の知り合いがやはり
2012年の年末にアイスランドへ1週間行ったが
オーロラは観れなかったそうです。

オーロラが観れるか観れないかはです。

しかし
何度チャレンジしたくなるのがオーロラです。
オーロラの美しさはあなたの想像を超えます。

私もまたどこかで、オーロラ観察にチャレンジしてみたいと
そう思っています。
みなさんもぜひ、オーロラを観にいってください。
地上で観れる最高の「美」の一つだと
私はそう思っています。

では
今回はこれで。
_MG_5780のコピー_800
関連記事
スポンサーサイト

コメント

レンタカー

森さん はじめまして。

3月のアイスランド旅行の情報収集していてたどり着きました。詳細な情報がとても役に立っています!オーロラの写真すばらしいですね!私たちもオーロラを絶対見たいと思っています。

レンタカーのことで質問させてください。
日本の免許証で借りることができたそうですが、一般の日本語で書かれたカードサイズの免許証でしたか?それとも日本で発行してもらった国際免許証でしたか?ちなみに、差し支えなければどのレンタカー会社を利用されたのか教えていただけませんか?

ちなみに私は現在海外に在住しておりますが国際免許証を発行してもらわずに来てしまったので、日本の免許証でレンタカーできる方法があるか探しているところです。

URL | London ID:-

Re: レンタカー

londonさん、はじめまして。
ブログを訪問してくださってありがとうございます。

レンタカーの質問ですが
日本の運転免許証だけで借りることができます。
免許証を見せて、不明な点を質問されて
それで借りることができます。

レンタカー会社の名前は、すっかり忘れました。
申し分けありません。
場所は、レイキャビクの中心部に
kex hostelという有名なゲストハウスがあり、
その斜め前にあります。
オートマで一日10000クローネほどです。
あとは、
街の中心にある商店街
hverfisgata通りにツアーエージェントが数軒あります。
そこでレンタカーも取り扱っています。
スーパーマーケットのBonusの向かいにある
ツアーエージェントが安かったです。
どこも
前日の申し込めで借りられると思います。

数人で移動して短期間なら
空港で借りてそのまま借りっぱなしで
旅行するのもいいと思います。
空港から市内までのバス代がけっこう高額ですので。

アイスランドのオーロラはかなりシャイで
なかなか姿を見せてくれませんが
それだけに見れたときは感動です。

幸運を!

URL | 森たくや ID:-

ありがとうございます!

森さん、返信ありがとうございました!

日本の免許だけで大丈夫だったんですね!先日日本大使館で日本の免許証の内容証明(英語)をもらってきたので、国際免許証ではないですがなんとかならないかなあと思っています。

まだホテルは決めていないのですが、レイキャビクはKEXが良さそうと思っていたところなので、レンタカー会社の情報まで教えていただきとても助かります。確かに空港から借りるのも良さそうですね。

アイスランド人はシャイだとどこかで読んだのですが、オーロラもそうなんですね。期待を抑えつつ行って来ようと思います。Jokulsaloonやゲイシールを見るのもとっても楽しみです。

これからもちょくちょくブログにお邪魔させていただきます。気を付けて楽しい旅をしてきてくださいね。

URL | London ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

http://www.valras-plage.net/antlerx-review/

アイスランド観光。オーロラ観察にチャレンジ! セカチョク バックパッカー世界二周旅行
  1. 2016/11/29(火) 07:38:23 |
  2. http://www.valras-plage.net/antlerx-review/