上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

今回は114ヶ国目の訪問国
アイスランドの観光名所、
「ゴールデン・サークル」にある大自然をお届けします。

「ゴールデン・サークル」とは、レイキャビクに東に広がる
見所がたくさんある地域の総称です。

今回はレンタカーで周りました。
ツアーに周るよりも安価ですし、
12月でも主要道は問題なく走れます。
_MG_5052_800.jpg

まずはレイキャビクの東、シンヴェトリル国立公園にある
「ギャオ」を観ます。

「ギャオ」と聴いても、字面や音の響きからは
何かを想像していいのかよくわかりません。
そして、想像を上回るものが「ギャオ」でした。

「ギャオ」とは、リフトゾーンのことです。
リフトゾーンとは、二つの陸地が生まれてるまさにその地点です。
アイスランドの真下で二つの陸地のプレートが生まれ、それぞれが逆方向に移動します。
結果、その場所の大地は裂けます。
この大地の裂け目が「ギャオ」と呼ばれています。
_MG_5098_800_20130123102243.jpg
生まれたプレートは左右に離れていく。
その亀裂がこの谷間です。
地球の亀裂です。
_MG_5119_800.jpg
二つのプレートは離れていくので
ここに立っていると
私の股は限りなく裂け続ける。はず。


_MG_5104_800_20130123102447.jpg
そして移動
続いては
「ゲイシール」
間欠泉です。

移動途中にも美しい景色がたくさんあります。
つい時間を忘れて見入ってしまいます。
_MG_5137_800.jpg

_MG_5179_800.jpg

さて
間欠泉が見える場所に到着。

この辺りはかなり寒いので
気合を入れましょう。
_MG_5190_800.jpg

間欠泉は10分~15分間隔で噴出します。
それを待ちます
_MG_5195_800.jpg

待ちます
_MG_5198_800.jpg

出ました!
ズドーン!!
_MG_5202_800.jpg

大きい!
大地からクジラが跳ね出したような迫力です。

余韻・・・
_MG_5205_800.jpg

また待ちます。
同行二人は寒すぎて車に戻ってしまいました。
待ちます。
_MG_5207_800.jpg

出ました。

ズッ
_MG_5209_800.jpg

ッドーーーン
_MG_5212_800.jpg
_MG_5216_800.jpg

爽快で豪快です。
でもこれ以上観るのはムリです。
手足がもげそうです。

陽は暮れて
最後はグトルフォスの滝
間欠泉から近いです。
_MG_5291_800.jpg
こここそ、極寒でした。
滝の迫力よりも寒さの殺傷力に負けて
そうそうに退散しました。

冬はオーロラが観れていいですが
大自然は夏の方が良いですね。
秋か春ならオーロラも観れそうだし
その頃が一番いいのかもしれません。

次回はオーロラ観賞にチャレンジです。
果たしてオーロラは観れたのか。
では。
_MG_5252_800.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。