上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
麺の中にいれても痛くないほど
かわいい子供


麺類を食べながら世界を放浪する
世界百麺相」のコーナー

ラオスやタイでは、
屋台や食堂が
麺類のところ
飯類のところと
分かれていることが多い。

麺類を食べたい人は、軒先にどんぶりが重ねられている
屋台や食堂に入ろう。


どの店も基本的にガラス戸などなく、
よく言えばオープンエアー、悪く言えば吹きさらしで
営業している。

ラオス北部の小さな町、ヴァンヴィエン

メコン川沿いに連なるのこぎりの様な山と

チュービングで有名な町だ。
_MG_7632のコピー_800
ヒッピー系の旅人が集まる町でもある。

_MG_7646_800.jpg


麺類を求めて歩いていたら、
店先に大量のどんぶりを発見。

そこで、食べたことない麺類があったので注文。

値段は8000キープ(105円)。
国民の所得の低さのわりに物価がとても高いラオスですが
この麺は安かった。

その89麺相「ミー・へーン」
_MG_7693_800.jpg


汁なしラーメンです。

濃い目のダシをからめてある。
_MG_7696_800.jpg

具は煮た牛肉、トマト、香草、生もやし。

これをテーブルの各種調味料で自分好みに味付けする。

P1250602_800.jpg


私はだいたいライムをしぼって、
ナンプラー、トウガラシで味を調える。

ラオスでは付けあわせでよく、ハーブ類がだされる。

P1250596_800.jpg

値段設定が高めの店は、
新鮮なハーブが気前よく山盛りでだされる。

ハーブと一緒に特製の辛みそも、だいたいついてくる。

ハーブは箸休めに味噌をつけて食べてもよし。
ちぎってヌードルに入れてもよし。

さて麺の味ですが、
鶏系のだしはさっぱりしておいしい。

味の素が強すぎる感があったが。
麺はコシがあって、歯ごたえが心地よい。

牛肉も味付けは薄い。
でも肉のほんのりした甘みが
鶏のスープとあう。
P1250598_800.jpg

こっちの麺は量が少ないので
あっという間に食べ終わった。

まあ8000キープだから、仕方ないか。

そしてお会計。

「はい。18000キープ(235円)ね」
「待て、さっき8000(エイトサウザンドキープって言ったじゃん」
「え、エイティーン、サウザンド(18000)だよ」

店の兄さんはとても誠実そうな顔をしている。
メニューを持ってくる。
確かに18000キープとある。
「高いよ!」
「いや、でも18000だもの・・」

走って逃げてやろうかと思ったが
諦めて18000キープ払う。

なんだか、ラーメン一杯が1500円くらいした感じだ。

ミー・ヘーン、
麺としてはよかったが、予想外に高くついたので腹立たしい麺類だった。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。