上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

タイにいます。

今回はカンボジアの世界遺産「プレア・ヴィヒア」
タイ側からレンタルバイクで行けるか試してみたので
それについて書きます。
(情報は2013年5月中旬のものです)

タイとカンボジアの国境にあるこの遺跡、
タイでの呼び方は「カオ・プラ・ウィハーン」と言います。

遺跡がカンボジア領として世界遺産に登録されると、
タイ側が「いや、そこは俺たちの領土だ」として
紛争が始まりました。遺跡のある山頂でドンパチを始めて
タイ側からのアクセスが禁止になりました。

しかし、
長年閉鎖されていたタイ側の国境が、
最近オープンされて、遺跡に行けるようになったと
ウボン・ラチャターニーのツーリストインフォメーションセンターで
教えてもらえました。

バイクで頂上まで行けるとのことなので
レンタルバイクを借りて行ってみました。

レンタルバイクは一日250バーツ(850円)
デポジットで1000バーツ(3400円)

タイは左側通行で、運転も荒くないので、
ドライブは楽です。

ウボンラチャターニーの町から南の橋をわたり
国道2178号
ひたすら南へ走ります。
P1260251_800.jpg

1時間足らずで国道2085号にぶつかるので、
それを左折、kantharalak方面へ。
P1260255_800.jpg

30分ほどでkantharalakへ到着。
P1260256_800.jpg
昼食
P1260259_800.jpg

ここから国道221号を行って、
40分ほどで、国立公園のチェックポイントに到着します。

ここで詰め所の軍人から驚きの一言が発せられます。
「プレア・ヴィヒアには行けないぜ」
「マジか!」
「うん。マジで。ずっと閉まったままだよ」

ツーリストインフォメーションの人たちの情報は、
いったいどこの筋からの情報だったんでしょう。
とにかくガセネタだったみたいなので、
仕方なく、プレア・ヴィヒア遺跡をタイ側から眺めることができる
「パー・モー・イー・デン」という場所まで行くことにします。

すると、軍人たちからさらに驚くべき事実が。
「そのスクーターでは、この先は侵入できんよ。降りて車を捕まえな」

つまりここからはヒッチハイクしなければならないようです。

ツーリストインフォの姉ちゃんは、物腰が柔らかくて
とてもいい人でした。しかし、
言ってる事ぜんぜん違うじゃん!

どうやらレンタル系の乗り物では、このチェックポイントは越えれないらしい。
パーモーイーデンまでは坂道を8キロあります。

しかし、行きも帰りも、車はあっさり捕まりました。
P1260278_800.jpg

みんな親切に乗せてくれます。
微笑みの国タイ。さすがです。

そしてこれが「パー・モー・イー・デン」。
遺跡はなく、見晴らしの良い崖の上です。

ここからはカンボジアの大平原が見渡せます。
_MG_9242のコピー_800
ジャングルを見下ろす絶景です。
_MG_9248a_800.jpg
遺跡はもとより、この絶景が有名なのです。
_MG_9303a_800.jpg

崖の上には軍のトーチカがいくつかあり、
未だに紛争中であることがわかります。
_MG_9251_800_20130520170233.jpg

しかし緊張感はありません。
低い谷を挟んで、プレア・ヴィヒア遺跡が観れる場所が
最前線ですが、駐屯の軍人が観光客に遺跡の説明などをしていました。

軍の双眼鏡も、観光客が使いたい放題です。
_MG_9296_800.jpg

そしてお向かいのカンボジア領の崖の上に見えました
「プレア・ヴィヒア遺跡」です。
_MG_9264_800.jpg
すぐそこですね。
_MG_9292_800.jpg

拡大してみます。
_MG_9289b_800.jpg
こんなに近いんですね。
昔はタイ側から観光に行くのが一般的だったそうです。

プレア・ヴィヒア遺跡は、遺跡よりもそこからのカンボジア平原の
眺めがいいと、みんな言っています。
眺めとしては、タイ側からも同じものが見えるので、
アクセスの悪いカンボジアから遺跡に行くかどうか、
う~ん、行かないかも・・・


というわけで
今回はレンタルバイクで、タイ側から「プレア・ヴィヒア遺跡」に行く、
という試みは、あっさり失敗しました。

でも眺めはよかったですよ。

今回はこれで。
では。
関連記事
スポンサーサイト
 タイ  0  0

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。