上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

タイにいます。

ラオスからタイに戻って最初の町、
「ウボン・ラチャターニー」

ラオスのデット島の貧相な食事から、
とにかく全てがおいしいタイに戻った
反動でたくさん食べました。

私が食べたおいしいタイ料理をご紹介します。

タイ東北部は、イサーン地方と呼ばれて
この土地独特のイサーン料理が有名です。

その代表格がこちら
「ソムタム」
_MG_9060_800.jpg
パパイヤの千切りサラダです。
タイのどこでも食べられますが、ここイサーン地方が元祖らしいです。
40バーツ(135円)

若いパパイヤの千切りに
塩や佐藤や魚系の味噌、トウガラシにライムに、醤油などなど
その店によって味付けは違います。
これらを臼の中にいれて、木の棒でこつこつと混ぜると
完成です。
辛味とハーブとピーナッツの甘みが絶妙な一品です。

こちらもイサーン料理の代表格
「カイヤーン」
特製ソースを塗ったチキンの丸焼きです。
_MG_9061_800.jpg
180バーツ(610円)、普通は120バーツくらいで食べられます。

辛いソースか、甘辛ソースをつけて食べます。
基本的にトリのうまみで勝負する料理ですが、
ここの鶏肉はとてもやわらかく、にんにくや
香辛料も控えめでさらに上品な味つけでした。

次は朝食の定番「チョーク」です。
_MG_8952_800.jpg
とことん煮込んだ粥です。
42バーツ(140円)
ダシは鶏で、器の底のほうに生姜ベースのソースが仕込んであります。
_MG_8953_800.jpg
チキンもまたとろけそうなほどに煮込まれています。
疲労したとき、食欲のないときでもこれなら食べられます。
これに揚げパンをちぎっていれると、油が増して
すこし印象が強くなります。

夜は地元民お勧めのレストランにいきました。
_MG_9032_800_20130520183559.jpg
ちょっとしたホールのような広さです。
こういった形態の店は、夜だけ営業のところが多いです。

店員も親切で、いろいろと説明をしてくれます。
_MG_9036_800_20130520183939.jpg

まず川魚の蒸し物。120バーツ(約400円)
_MG_9028_800_20130520183557.jpg
魚系は値が張ります。

大量の生姜は臭み消しです。
しいたけのようなものでダシをとっていました。
肉厚で、ほんのりとした甘み、淡白ですが
上に乗せてある豚の脂と一緒に食べれば
濃厚さが増します。
辛くはありません。日本酒が飲みたくなります。

こちらは海老のココナッツチリソース。120バーツ(約400円)
_MG_9034_800.jpg
辛味よりも、ココナツのマイルドさが際立ちます。
海老のダシと、トウガラシやにんにく、ココナツで煮込まれた
ソースは、白いご飯とよくあいます。

やはり魚介は高価です。
しかし、魚料理のコスパが一番高い国は
日本だと思います。
おいしい魚料理が安く食べられる。幸せな国です。

あとは、トムヤムクン。90バーツ(約280円)
タイ人は大勢で食事するのが好きで
そうなるとだいたいスープを頼みます。

ここのトムヤムクンは、酸味も辛味も控えめ、
かなり煮込んであって、きのこと海老のまろやかさが
よくスープに溶け出していました。


そしてもう一軒同じような店へ。
ここもすごい繁盛していました。
タイ人は本当に外食好きなので、
美味しい店は口コミで広がり人が集るそうです。
ここももちろん美味しかったです。
P1260332_800.jpg

P1260328_800.jpg

メニューは読めないので、
カウンター兼料理場で、食べたい食材を探します。
P1260324_800.jpg
そして指差して、注文。

こちらは「菜の花と豚肉の炒め物」的ななにか。
60バーツ(約200円)
P1260326_800.jpg
菜の花の苦味と、豚の脂の甘み、
さくさくとした歯ごたえで、つい手が伸びます。

こちらは空芯菜の炒め物。30バーツ(約100円)
P1260325_800.jpg
空芯菜はタイでポピュラーです。
シャキシャキの歯ごたえがたまりません。
醤油とにんにくが効いた炒め物です。

こちらは茄子と豚肉の炒め物。50バーツ(約170円)
P1260329_800.jpg
ナスはきゅうりのように緑色をしています。
しかし食感と味はナスです。
豚肉とにんにくとオイスターソースで炒められていて、
ごはんがススム君です。

タイは野菜料理もおいしいですね。

上の三皿で
三人くらいでシェアできる量なので、
人数が増えればお徳だし、それに楽しい。

タイではぜひ大勢で食事に行きたいです。
これからバンコクや南のほうに行く予定なので
誰か私を食事に誘ってください!

今回はこれで。
では。
関連記事
スポンサーサイト
 タイ  0  0

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。