森です

ロンボク島の北の小島、ギリメノにいます。

今回はバリ島で飲んだ、
世界一高価なコーヒー「コピ・ルアク(kopi luwak)」の話です。

コピ・ルアクが高価なのは、その希少性からです。

ルアク(ジャコウネコ)がコーヒーの実を食べると、
豆は消化されずにフンに混じって出てきます。
この豆を洗浄して使用したのが、コピ・ルアクです。

間単に言えば、ジャコウネコのうんこのコーヒーです。

ほんとにうんこの味がしたら、高い値段がつくはずもなく、
どうやら希少で、さらに独特の風味があるので
高値がついてるみたいです。

日本では一杯5000円くらいするとか。

バリ島は、このコピ・ルアクの有名な産地で、
ウブドの北にはたくさんのコーヒー農園があります。

コーヒー農園ではコピ・ルアクが50000ルピア(500円)で試飲できます。

インドネシアでは1食100円で食べられるので、
500円といっても大金です。

本当にうまいのか、ウブドからレンタルバイクで行ってみました。

ウブドから一番近い農園は、
ウブドの北、10キロくらい。
タグビラランの棚田の先にあります。

この道には7、8くらいの農園があり、
どこでも試飲・販売をしているようです。

まずは棚田に一番近く、観光客も一番多い
「bali pulina(バリ・プリナ)」

P1270444_800.jpg

入園は無料。
はじめに簡単なコーヒーの解説をうけます。
これがコーヒーの実。
オスとメスがあり、オスは小さく価格も高いそうです。
_MG_3560_800.jpg

これをジャコウネコが食べます。
_MG_3549_800.jpg

モリモリ食べて、出したのがこれ。
_MG_3550_800.jpg
あまり臭くないです。
拡大するとこう。
_MG_3553_800.jpg
しかし、うんこを洗ってまで飲むなんて、
昔、相当コーヒーに飢えてた人か、
すごい「もったいない精神」を持っていた人がいたに違いない。

洗浄して、乾燥するとこうなります。
_MG_3552_800.jpg

このルアク・コーヒーは、近年ジャコウネコをケージに入れて
養殖できるようになったので、価格は以前より下がっているそうです。

しかし、採る食料の違いからか、野生のジャコウネコのフンからとれる
コーヒー豆のほうが、味はよいそうです。
養殖と天然だと、やはり天然のほうが風味が良いんですね。

この農園では、主に養殖のコピ・ルアクを扱っているとのこと。

15分ほど解説を聞いて、試飲コーナーへ。
遠くに棚田が見えるテラスです。
_MG_3561_800.jpg

ここは支店で、コーヒー畑は別の場所にあるそうです。

ルアク・コーヒー以外は試飲無料。
_MG_3570_800.jpg
各種フレーバーコーヒーと、フレーバーティーもあります。

そしていよいよ、世界一高価なうんちコーヒー、
コピ・ルアクを飲んでみます。
_MG_3567_800.jpg
一口
かなり酸味が強いです。
マンデリンと同じ方向性?
でもさらに酸味が強い気がします。

口の中には酸味の余韻があります。

ジャコウネコのお腹の中で豆が醗酵するから、
この酸味が出るそうです。
ただ、飛び上がるほどおいしいわけではありませんでした。
「うーん、おいしいけど、こんなもん?」と感じました。

極上のダージリンを飲んだときとかの、
あの華やかで幸福な感じはありません。

というか、「ホンモノかどうかわからん」というのが正直なところです。

観光客を相手にするインドネシア人は、
平気で嘘をつくので、どれだけ誠実そうでも誰も信用できません。


そして他の試飲のコーヒーですが、
正直、どれもおいしくないです。

お土産のコピ・ルアクは、60gで250000ルピア(2500円)です。
インドネシアでは大金です。
粉と豆がありますが、インドネシア式は
粉にお湯を注いで、粉が沈むのを待ち上澄みを飲みます。

さて、私がここら辺のコピ・ルアクが本物かどうか疑ったのは
他にも理由があって、

バリには
コピ・ルアクを飲ませる農園、カフェが乱立している。ということです。

希少なコーヒーなのに、かなり手軽に飲めます。
そしてお土産で買えます。
そして値段もピンきりで、

bali purlimaの先にある農園
「manik asian」
_MG_3610_800.jpg
ここでもまったく同じ見学コースがあり
しかもかなり懇切丁寧。

瓶詰めされたコピ・ルアクは、前の農園とまったく同じ外見です。

その値段が、60g20000ルピア(2000円)。
いきなり値が違います。
しかも、「ウチの農園では野生のフンしか使用してないです」
と言っています。

そして「今なら2割引でいいですよ」
と、さらなるディスカウントがありました。
60gで1600円ということになります。

これだけ値段が上下すると、
本物か偽者か、
もうわからなくなります。

ちなみに、南部のサヌールでは
コピ・ルアクが、60g900円で売っていました。

どうも疑心暗鬼になってしまうのは、
インドネシア人が本当によく嘘をつくからです。

誰かコーヒーの味が分かる人、
バリのコーヒー農園で売っているのが本物かどうか、
確かめてみてください。

以上
世界一高価なコーヒー、バリ島、コピ・ルアクの感想でした。

次回はバリ島北部、バトゥル山とバトゥル湖の景色です。
では。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)