上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

中国の福建省にあるコロンス島にいます。

freegateというソフトで当局のネット規制をすり抜けつつ
更新しています。

フィリピンから中国にわたり1週間。
上海、抗州、アモイ、と移動しました。

今回は大都会上海の路地裏の様子をお届けします。

上海は中国一の大都市です。
ビルが建ち、都市機能もよく整備されて
とても近代的です。
_MG_6037_800.jpg

しかし、ビルとビルの間の路地に入れば
そこには昔ながらの中国の景色が広がっています。

今回はそんな下町風情のある町並みをお届けします。

これは有名観光地「豫園」のすぐ傍にある路地です。

屋台がたくさんでて、香ばしい匂いが漂っています。
_MG_6168_800.jpg

上海は小龍包が有名です。
屋台街の小さな店に蒸篭が積まれていたので
自家製小龍包があるに違いないと思い入店しました。
_MG_6098_800.jpg

_MG_6084_800.jpg

エビの小龍包とワンタンを注文。
小龍包は16個で18元(288円)
こういった店にしては高めの価格設定。
エビ入りだとやはり値はあがります。
しかしこの小龍包が
めちゃめちゃうまかった!
_MG_6079_800.jpg


エビは刻んで入れてあります。
しかしエビの風味はしっかりあります。

それが豚の肉汁と混ざって、
濃密なスープとなり薄い皮の中に包まれています。

そして蒸したてで、火傷するくらいの熱々さ。
豫園と隣り合わせになった屋台街にありますので
見つけたら迷わず入ってください。
幸せになれます。

そしてその先が下町が始まります。
_MG_6101_800.jpg
雑然としていて、迷路のようです。
_MG_6122_800_20130710150519.jpg

_MG_6127b_800.jpg
狭い路地なので、人と人との距離がとても近いです。
_MG_6138のコピー_800

住民でないと迷うような路地がたくさんあります。
_MG_6143_800.jpg

この周辺でも、再開発をしている土地がたくさんあったので、
数年後にはこのエリアもビルが建っているかもしれません。
_MG_6153のコピー_800

こういう地域は残しておいてほしいものです。
では今回はこれで。
関連記事
スポンサーサイト
 中国  0  0

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。