上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

今回は中国の深センで見た
衝撃的な光景についてです。
(情報は2013年7月のものです)

2年間も旅をしていると、
驚くことはたくさんあります。

日本では考えられないようなこともたくさん起こります。

長く旅をしていると、旅に慣れてきて
「驚きのハードル」も高くなっていきますが、
それでも世界は、
こちらの想像の上をいく
旅人を驚かせる事件・ハプニングを用意しています。


今回もそのうちのひとつ。
中国の深センで遭遇した光景です。

かつては治安の悪いことで有名だった深センです。
しかし、今ではかなり改善されていて、
中心部の羅瑚地区も、そう荒れている様子はありません。

治安が良くなったのは歓迎すべきことですが、
そうなると羅瑚地区もその周辺も普通の高層ビル街なので
歩いていても少し退屈します。

そんな中、歩道に人だかりがありました。

物売りか、占いか、テーブルゲームか、喧嘩か何かか
そんなところだろうと予想して
通りすがりに人々の肩越しに覗いてみました。

まず、紅い血が眼に飛び込んできました。
それで、「喧嘩かな?」と思いました。
次に人が倒れているのが見えました。
女性です。
まだ若くて、白いワンピースが紅い血と対照的でした。
「女性が襲われたんだろうか」
と思いましたが、次に見たもので全てを理解しました。

倒れている女性の足元にタオルが置かれていて
そこに
生まれたばかりの赤ん坊が乗せられていました。

女性が、路上で出産していたのです。

主産した女性は苦悶の表情で倒れています。
赤ん坊のほうは、目をきつく閉じで
手足を縮めて丸まっていますが
ときどき身じろぎしています。

街路樹の向こうの道路には救急車が停まっていて
そこから担架をもった救急隊員が戻ってきました。

隊員たちが女性を担架に乗せて、赤ん坊を抱き上げて保護します。

そして母子ともに、救急車に運ばれました。

そうなると野次馬もひとり、また一人と去っていき
後にはお産時の出血と
ティッシュと、人々の不在が残りました。

倒れていた女性の恰好からすると
路上生活者ではなく、一般人のようでした。
予想外の陣痛で、出産してしまったようです。
_MG_8370_800.jpg
母子ともに無事であればいいのですが。

今回の中国の旅は
上海から海沿いの大都市ばかりを移動してたので
大きなハプニングも事件もありませんでした。
そしてそのまま、香港に抜けるはずでしたが、
最後の深センでこんな光景を見るとは。。。。

さすが中国です。
そして旅をしているとやはり色々目にすると
改めて実感しました。

以上
深センでの驚きの光景でした。
次回は香港のお勧め飲茶の店です。
では。
関連記事
スポンサーサイト
 中国  1  0

コメント

はじめまして!ランキングからたどり着きました。かなり衝撃の事態ですね、、、、。ぼくも前フィリピンで殺人事件見ましたが。世界では本当考えられないようなことが起こるんですね(^^;

URL | 旅人美容師jun ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。