上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これまで、けっこうたくさんの国を旅してきました。

2016年10月のバングラデシュ訪問で

だいたい120カ国くらい訪問しています。

その私の渡航経験のなかで
バングラディシュは

過去もっとも、独りになれなかった国
です。

この国ではとにかく、

旅行者、
というか外国人が珍しい。

それだけの理由で、周りに人が集まってきてしまうのです。

みんな悪意があるわけでもない
純粋に好奇心で
寄ってきて、観察をします。

他のバックパッカーからこの話は聞いていました。
それにこういった状況は、他の国でもあるので
慣れているつもりでした。

しかし、バングラディシュではその度合いが、けた違いだった。

こちらが何をしていようとおかまいなしに
寄ってきてこちらを観察します。
バングラデシュ旅
子供立ちの目の輝きは、とても眩い。

ちょっとチャイを飲もうと露店に座れば、
この状況。
バングラデシュ旅

彼らはチャイ屋のお客さんじゃありません。

単に私を見るために集まってきただけです。

そしていつもの質問タイムがスタート。
「どこから来たの?」
「名前は?」
「一人で旅してるの?」
「どこを周ってきたの?」
「結婚してるの?」

彼らの興味はだいたい同じです。
だから一日に何十回と、
同じ質問に答えなければいけません。


例えば、立ちどまって写真を撮っています。
バングラデシュ旅


ほんの数回、シャッターを切っただけで

振り向けばこの人だかり。
バングラデシュ旅
人の壁です。
こういうときは、にこっと笑顔をみせて
撮った写真を彼らに見せます。

また何か質問を受ける前に、
また笑顔をみせて
さっさとその場を去ります。

※笑顔はとても重要です。


バングラデシュという国全体がこの状況です。

一日の始まりだと、まだ余力があるので
相手にできますが

疲れているときなどは、けっこうしんどくなります。

外で観光しているかぎり、
どこにいっても、
独りでゆっくり落ち着くことが決してできません。

そんなときはまるで
モニターカメラで監視された近未来ディストピアの住民
になったような気分です。

心休まる場所がない。

「旅行者に絡んでくる」という一点であれば
世界三大うざい国

インドやモロッコとよく似ています。

ただこれらの国の状況は似ているようで異なります。

インドやモロッコでも、バングラディシュ同様
旅行者はたくさん話しかけられます。

ただそれらは、
旅行者を食い物にしようとしたり
からかってやろうとしたりする悪質な人たちも多い。

しかしバングラの場合は、
みんな純粋な好奇心で集まってきます

その点は他国よりましですが、
しかしその人数が半端じゃない。


笑福亭鶴瓶師匠なら
寄ってくるバングラデシュ人全員を
華麗にさばくでしょう。

私は単なるバックパッカー。

朝から相手をし続けて
昼頃には気疲れしてきます。

そして夕方になると、
集まってくる人たちに
あからさまに気乗りのしない応対をするようになる

「独りにしといて!」
「いま相手をする気分じゃないんだよ」


口には出しませんが、
前進でそんなオーラを出します。

だがバングラディシュ人は、
そんな私の心を汲み取りません。

バングラディシュ人から、人の心を汲み取る、
という繊細さはまだ感じたことがない。
(これはインドとまったく同じ)

彼らは自分の好奇心の赴くままに振舞います。

こういった状態が続くいていくと、
夜になるころには心に余裕がなくなってくる。

尽きることなく集まってくる人たちに
いきなり殴りつけてやりたくなります。
そして
好奇心は猫を殺す
という言葉を
思い知らせてやろうかと思ってしまう。

疲労がたまると、心が荒みますね。

バングラデシュ旅

バングラデシュ旅

長くバックパック旅行をして
現地人の好奇の視線には慣れたつもりでしたが

バングラデシュは、他のどの国の上をいきました。

世界は広いです。

しかしこれも、旅をしないとできない経験です。

おもしろいといえば、おもしろい。

みなさんも、バングラデシュに行く時は
注目される覚悟をしていってください。

気が付けば、いつもあなたの周りには人だかり。
きっとハリウッドスターになったような
体験ができますよ。

以上、
バングラデシュの印象でした。
次回からは、バングラディシュの町の様子や
移動手段を書いていきます。
では。
バングラデシュ旅
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちは!

以前、狂犬病のことで記事の引用をお願いした者です。

ボクもバングラデシュ人から好奇の視線攻撃を受けたことがあります。笑。
でも、純粋で良いですね。

ところで、引用させてもらった記事はこちらになります。
良かったら、ご覧ください。
では、良い旅を。

海外旅行者にとって危険な動物①インドでは狂犬病にご注意をhttp://yukashikisekai.com/?p=7765

URL | ここんとうざい ID:-

Re: こんにちは!

ご報告ありがとうございます。

記事も読ませていただきました。
興味深い情報がたくさんあって
愉しませていただきました。

蚊は怖いですよね。
暑いアフリカで
長袖長ズボンで寝てたのを思い出しました(笑)

これからも記事を拝見させていただきます。
では。

URL | mm ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。