上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

ブダペストからの更新です

ここだけの話、
インド入国以来、腹を下しっぱなしなのです

トイレが第2のわが家だと言えるくらい
毎日頻繁に立ち寄っているのです。


東欧・中欧のトイレ事情は、悪くないです

というか、今までが悪すぎたのです。

アジア、アラブでは
桶の水で流すのが普通
トイレットペーパーはないのが普通です

トイレの横に、水を張ったドラム缶が置いてあって
排水から洗浄まで
汝、桶の水ですべてをこなすべし
と無言で圧力をかけてきます

たまにタンクの水洗式があると思えば
水洗の鎖を引っ張るとタンクごと落下してくる始末

その点、東欧・アラブでは、水はちゃんと勢いよく流れるし
トイレットペーパーが設置してあるところもある
しかし困ったことは

トイレのドアのカギが壊れてるところが多いということ
壊れるのは仕方がない。
しかしなぜだ
なぜ直さないのだ?

鍵がかけられないから、
トイレのドアをかけると
ハロー&アイムソーリー
なんてことが
最近2度ほどありました

鍵が壊れていても、みんな平気ではいってるんです

みんなどうして手で抑えない?

ノックをするのか前提なのか?
ジェントルマンとして。

こんなだから
トイレに入っているときは気が抜けません

誰かに開けられないようにドアノブを掴んでおきます

便器とドアが離れているときなどは
必死で手を伸ばしてドアノブを抑えます

しかしドアノブが外にしかついていない
という過酷な状況もあり

そういうときはなんとか知恵をしぼって
中からドアを抑えます

たとえば昔あったカギ穴の名残やらに
指を入れてドアをロックするのです

怒りを込めてこんな具合で
R0012300_640.jpg
まさしく「くそっOれ」といやつですね

ではその鍵穴の名残すらもない場合、
ドアが開かないように抑えておくための
どんな手がかりもない場合は
はたしてどうするか?

誰かに開けられないように祈るだけです

みなさん
私のトイレのドアが何者かに開けられないように
どうか祈っていてください

よろしくお願いします
では
バタン。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

おめでとうございます

今日で35歳?おめでとうございます!!
ブダペストではその後楽しめたのかな?
橋とか景色も良いと思うけど……どうなんでしょう
東欧はビールもおいしい場所が多い印象在るけど
食事楽しむためには、お腹もお大事にね!

URL | あんぱさんど ID:-

Re: おめでとうございます

ありがとうございいます
ブダペスト、よかったよ
夕暮れのドナウ川は、かなり感動的でした
ビール毎日飲んでます
間違いなくおいしい
レストランの生ビールが一杯100-150円くらいだよ
そりゃ飲んじゃうよね

URL | 森たくや ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。