上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その13麺相
前回の広州の麺と同じ
中華麺つながりですが、
場所はいきなり東ヨーロッパ
チェコ共和国のプリュゼニュ
で食べた麺類を紹介します。


R0012932_640.jpg
プリュゼニュのよく晴れた昼さがり
看板に麺の写真を目にする
R0012943_640.jpg
安い・・・
R0012942_640.jpg
店はどこだろう
地下かな

でも地下はバーだし、
しかも暗い

はいるのをためらっているところへ
中華系のおかみさんが通りかかった

この店の関係者のようだ
「やってるから、来なさい」
と、地下へ私を誘います

それで私も地下へと降りていく
R0012941_640.jpg
やはりバーだ
メタル音楽がかかっている

スロットが置いてある

客がいる

一見してわかる。かなりの荒くれどもだ。
R0012936_640.jpg
しかもみなさん、かなり酔ってらっさる

平日の昼間だぞ?
みんな仕事はどうした?
(人の事いえない)

「ビールよね」
と私にも当然のごとくビールが注がれる

ここで「いや、コーラで」
などと言おうものなら
そんな軟弱な奴は、荒くれに叩きだされのだろう。

R0012935_640.jpg

ただ、私はビール大好きなので問題ない。
このビールは90円くらい。
チェコはビールがほんとに安くうまい国だ。

そして頼んだもの。
その13麺相:チェコのプリュゼニの荒くれ中華麺
R0012940_640.jpg

味は・・・
えーと、とてもインスタントな味がします。

チキンと野菜の出汁のやつ。
牛のダシもとってるかも。
具は牛肉を焼いたもの(チャーシューじゃない)。
ネギ。そしてパクチー。

それでもずっと西洋料理が続いたときだたったので
とてもほっとする味だった。

やはり中国の食べ物はある程度はおいしい。
旅したなかでも、その安定度はトップクラスだ。

それにしても
メタル音楽を聞きながらラーメン食べたの初めてだ
そして、みんなよく飲むな~
昼なのにこれで、夜になるころはどうなるんだろう。

いつ終わることのない
プリュゼニュの荒くれたちの宴を背に
私は地上へ戻りました
ごちそうさま
R0012982_640.jpg
ではまた次麺。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。