上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イタリアから東欧を南下してギリシアに抜ける
東欧縦断ルート、今回はマケドニアの首都・スコピエの様子です。

スコピエの人口は50万人。
中規模の街で、旧市街と新市街からなっています。

駅から中心部に歩いていくと、まず旧市街があります。
その先は新市街へと移っていきます。
スコピエ街歩き
駅前
スコピエ街歩き
旧市街への道

旧市街は、ムスリムが多く、入り組んだ道のある
異国情緒ある地区になっています。
旧市街の入り口
スコピエ街歩き
たまにみかける、体重秤商売の人。
スコピエ街歩き


旧市街
スコピエ旧市街


スコピエ旧市街
石畳の、落ち着いた町です。

そして新市街へ
スコピエ旧市街


スコピエ新市街


新市街の中心、立派な建物に囲まれたマケドニア広場へ。
スコピエ新市街


スコピエ


ここらへんはキリスト教会が多い。
商店もたくさんあり、にぎわっています。

スコピエ


スコピエ


冬の、寂しい風情もまたよい。
マケドニア旅行


マケドニア旅行


旧ソ連圏の、共産主義的集合住宅は冬場には
その無機質さが増すが、しかしこの張り詰めた空気と
相性はよい。
マケドニア旅行


マケドニア正教の・聖クリメントオフリドスキ教会。
聖クリメントオフリドスキ教会


聖クリメントオフリドスキ教会

次回はスコピエの現代美術館からの風景をお届けします。
では。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。