サラエボ観光

前回は市場で市場で食事をした様子を書きました。

今回は旧市街の様子をお届けします。

いまだ内戦の銃弾が残る街、サラエボ。
ボスニア・ヘルツェゴビナ

しかし街自体は平穏を取り戻しています。
サラエボ銃痕


サラエボマーケット


観光客も訪れるようになり
古い建物が残る旧市街には、各国からの観光客の姿が見れました。
そう人数は多くありませんが
観光しにくることが可能になったのは良いことです。

サラエボ市場


ボスニアヘルツェゴビナ


サラエボの旧市街は、いまも住人たちの生活が垣間見れる場所というよりは
歴史的建築群をみせる観光地向けの場所になっていました。

ボスニアヘルツェゴビナ


地元に人には申し訳ないですが
整えられすぎて
ツーリスティックな感じがして、それで興覚めしてしまいます。
世界旧市街


土産物屋ばかりで、地区の息遣いが感じられません。
サラエボ

地区の保存という観点からは
住民たちの食い扶持として土産物屋が増えたのでしょうが
逆効果な気がします。
セカチョクサラエボ

歴史地区保存の、難しいところですね。
サラエボ旧市街


庶民の生活が垣間見えた方が
旅行者にとっては愉しいです。
セカチョク


サラエボマーケット


以上、サラエボの旧市街でした。
世界街歩き

次回は郊外のウォートンネルをお届けします。
では。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)