上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内戦が長く続いたボスニア・ヘルツェゴビナ

首都サラエボでは激しい戦闘が行われました。
ボスニア・ヘルツェゴビナ

両脇を丘に囲まれるサラエボは、
その両方の丘に敵軍同士が陣取って
サラエボの街をめぐって激しい攻防を繰り広げていました。

サラエボの街の大通りは、人影があると容赦なく銃撃される
「スナイパー通り」として恐れられました。

そしてそんな戦争の状況をいまに伝える遺構
サラエボ郊外にあります。

トラム駅「イリジャ」からタクシーに乗る。
sarajevo war tonnel


着いた先はトンネル博物館
海外旧市街
一見普通の民家だが
この地下にセルビア軍への抵抗勢力が利用した
運搬用の軍事トンネルがある。

襲撃を受けたのか、壁には無数の銃痕がある。


サラエボトンネル
ほんとうに、なんの変哲もない家の景色なのだ。

だが中には長い地下トンネルがある。
サラエボ秘密基地

トロッコで物資を運んでいたそうだ。
サラエボトンネルミュージアム


この博物館は、ビデオ上映もあり
小さいながらも充実している。
サラエボウォートンネル


抵抗運動(レジスタンス)という言葉はよく聞くが
実際にこういう秘密の地下トンネルを見学すると
想像力の枠がまた膨らむ。

いま「狼たちの月」(フリオ・リャマサーレス)とか読み返したら
もっとリアリティが実感できるかもしれない。

やはり旅して、いろいろ見てみるものだと思う。

今回はこれで。
では。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。