上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

ヘルシンキのカフェ
「mbar」からの更新です


明日からバルト三国に入ります
そうなると通信環境がどうなるかわからないので
今のうちにできるだけ更新しときます

さて、「はっけよぅい!北欧ドライブ」
ですが(あれ?こんなタイトルだったか?)

ドライブ開始から2日目、オスロをでて
ノルウェー海のほうへ向かいます

海岸沿い、
それすなわちフィヨルド地帯なのです
オスロからは、地形は山がちとなる
IMG_2344_640.jpg
ときどき山間に町がある

IMG_2247_640_20101126040016.jpg
そして羊がいる

空は曇天
IMG_2589_640.jpg
ノルウェーの曇り空というのは
ほかのどこの国の曇り空よりも
陰鬱な曇り空です

押し黙った灰色の雲の下
車を走らる私の気分も
寡黙になってきます

そしてフィヨルドに到着
IMG_2577_640.jpg
あの切り立った断崖がフィヨルドです
あやしい・・
魔界への入り口みたいだ

IMG_2488_640.jpg
フィヨルドは、船で谷間のなかを遊覧するのが
メジャーな楽しみ方だ
しかし北欧の夏は短く
いまはもう9月の後半
シーズンは終わったようです
港には
観光客も遊覧船も、客引きも
そしてまぶしい太陽も
なにもありません

船はまだ運行しているかもしれないが
この天気の下では
乗る気がしない

曇天の下に見るフィヨルドは巨大な動物のようで
そこのなか進んではいっていく気にならない。

IMG_2502_640.jpg

フィヨルド観光は
夏に行くことをお勧めましす。

フィヨルドは
ここからノルウェー海沿いに北へと伸びていく。

そこで車のナビゲーションを北の果ての
フィヨルドにセットして
走り出します。
IMG_2686_640.jpg
行けども行けどもフィヨルド様がつづく。
フィヨルド様の厚い壁です

ノルウェー海の沿岸は
このフィヨルドの宝庫です
いたるところ、フィヨルド状態なのです

このフィヨルド地帯を北へとあがっていく

ィヨルドは海から内陸へ深く長く(数十キロも)
切り込んでいるから
途中でフィヨルドに行く手を阻まれることになる。

そんなときは迂回するか
船でわたることになる

ナビは船で行けと言う
R0014134_640.jpg
「ココ、フネデイケヨ」
R0014045_640.jpg

迂回すると100キロ以上まわることもあるので、
おとなしく船に乗ります

ああ、船代がかさんでいく・・・

さて唐突ですが
ここでノルウェーの道路事情
をお伝えします。

路面はどこもきれいで整備されています
穴なんてあいてません

ただ、
制限速度が日本より20キロくらい多めです
山道でも
制限速度80キロ
ぐらいは許しちゃう

そしてみんなけっこうなスピードで走ってます
だからこちらも気は抜けません

地形は山がち。
だからトンネルがたくさんあります

らせん状のトンネルなんて珍しいものもありました
フィヨルドは切り立った崖だから、
斜面に沿って
道を作ることができない

だから
らせん状になるんですかね

ループ橋ってのはよく見ますが
ループトンネルってのは初めての体験かもしれない。

また他には、
24キロのトンネルってのもありました

関越トンネルが10キロくらいだから
その長さがわかるはず
R0014126_640.jpg
途中に休憩スペースがある。
長い間走ってると、ぼーっとしてきます。

今ちょっと調べてみたら
このトンネル、ラルダールトンネルといって
世界最長の道路トンネルでした。
どうりで長いわけだよ!

というわけで、フィヨルドのなかをひたすら北上する北欧ドライブ
次回は氷河に立ち寄ります。
今回はこれで。では。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

セニョリータのクレバスもご覧に?

URL | 札幌 ID:-

Re: タイトルなし

ご覧になれませんでした
力及ばず

URL | 森たくや ID:-

12000!!

まちがえてますよ(笑)
ビビりますよ

地球4分の1周っす

URL | ふみや ID:-

Re: 12000!!

ほんとだ
これだとナビが「8000キロ道なりです」
とか言い出すな
直しときました
サンキュー

URL | 森たくや ID:-

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。