上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福岡市の隣町
韓国の釜山へ麺類を求めてフェリーで渡航。


今回も釜山の町を歩きます。

森も歩けば麺に当たる。

次に出会ったのは、ジャージャー麺屋さん。
DSC01705_640.jpg

韓国ではジャージャー麺もメジャーな食べ物。

メニューを拝見。

DSC01704_640.jpg

うーん
ハングルは本当に、一言もわからん

暗号としか思えない。
誰かエニグマを貸してください。(●´・△・`)

メニューがまったくわからないので
店のおばちゃんを店の外を誘いだします。

そして看板にあるジャージャー麺の写真を指して肯いてみせる。

おばちゃんも肯く。

店に戻りしばし待つ。


DSC01703_640.jpg
来ました

その49麺相「韓国式ジャージャー麺」
DSC01701_640.jpg

見た目は焼きそばです。
しかし味はまったく違うかもしれない。

私たちは料理の外見から味を想像しますが
それは経験をもとに、味を予想します。

しかし外国で初めて食べるものは、
日本での経験にまったく沿わない場合がある。

だから外国で食事するときのドキドキ感があり
それが愉しみでもあります。

ではいただきます。


うん
甘さが強いなあ。

辛さはほとんどない。

xo醤の味が強いかな。

ただこれ、具の野菜に火が通ってない。

タコやエビが入ってるけど、
冷凍ものなのか、風味なし。

正直、あまりおいしくない。

全部食べるのに苦労しました。

5000ウォン(370円)でした。

前回のカルグクスはおいしかった。

今回のようなこともある。

そして次回も韓国の麺類です。

韓国では、麺類に出会い放題なのです。


では次回。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。