上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
咳をしても麺

世界の麺類を食べ歩く
世界百麺相

その12麺相は、
中国は広州で食べたなんか辛い麺です

広州の商店街を歩く
川沿いの、庶民的な通りだ
P1000224_640.jpg
昨日まで紹介していた北欧と
雰囲気が違いますね
色使いが派手

道端のファストフード的な麺があったから
食べてみました
あ、そもそもラーメンってファストフードか
P1000234_640.jpg
ここで食べました。
すぐきた
その12麺相:広州の激辛春雨
P1000235_640.jpg

P1000236_640.jpg
1杯50円しなかったと思う。

食べたとたん、むせかえる。
ものすごい辛さ
刺してくるようである。

だけど食べてるうちに慣れてきて
刺激が快感になってくる

説明しよう

トウガラシに含まれるカプサイシンという物質が体内に入ると
人間はアドレナリンンとエンドルフィンという、麻薬に似た物質を
分泌する
だから辛いけど、それが心地よいのである

麺は春雨みたいなものだった。
P1000238_640.jpg
具のナッツは、辛さの中でかなりの癒し系だ
単純な味だけど、思い出したらまた食べたくなってっきた

ビールにもあうよ
P1000237_640.jpg
ではまた次麺。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。