灼熱の大地の国メキシコ

その地面の下に
涼し気で宝石のように美しい泉があることを
ご存知でしょうか。

それが「セノーテ」

石灰岩質の地面の下に流れる地下水脈
それが溜まった泉で
水の色はとても美しく幻想的なのです。
というか、
旅の途中で、他の旅人からそう勧められてたのです。

それで
メキシコで一時期、一緒に行動していたD介くんと、Tさんと
三人で行ってみました。

ちなみにD介君は、一緒にキューバに行き
↓髪を面白く刈られた彼です↓
キューバでヘアカット

向かった先はメキシコの南東部
ユカタン州の州都メリダ。
その郊外にあるセノーテに行ってまいりました。

路線バスでセノーテのある山の近くまでいき

そこからの交通手段は、
なんと

トロッコ馬車
メリダセノーテ

しかもこの馬車
DIY感が半端ない。

この予想外の乗り物のお出迎えに
なんか秘境感が醸しでてきました。
さあ、レッツ・レイダース!!

Vamos !
メリダメキシコ

林はなんの特徴もなく
鳥のさえずりがちょっと爽やか。

ウマにとってはトロッコの線路が邪魔やろうなあ
と思っていたら
左右に器用に避けながら進んでいく。
メリダ馬車

これが本当の一馬力
でもスピードはそこそこ速い
大人四人を乗せて、これはすごいことですよ。
ありがとうウマ。

セノーテはいくつもあり、
運転手と交渉して、
この馬車で数か所周ってくれることになった。

そしてしばらく林を走り、
着いた先の、これがセノーテの入り口
セノーテ入り口

地面にぽっかりと、穴があいとる。

野鳥の会の方々が
セノーテを知らずにこの林を散歩していたら
頭上に気をとられて、
完全にはまりそうなくらい、
ぽっかりと地味な穴です。

この穴でドッキリをしかけで、
落ちたら美しいセノーテだったとか
そういうのも面白そうだ。

さて
セノーテは、かつて鍾乳洞だったところに
地下水脈が流れ込んでできたものだ。
だから、この足の下には
鍾乳洞の洞窟空間も広がっている。

セノーテへの穴はいくつもあって、
人が安全に入れるように整備されているのは
比較的大きな泉のところになる。

その入り口はこんなふう
セノーテ入り口
これは規模が大きめ。

この下で水着になって
みんな冷たい水をたたえたセノーテへ
飛び込んでいくのだ。

ちなみに、小さ目のセノーテの入り口はこんな感じ。
メキシコセノーテ
かなーり探検家チックで、ムネワクである。

そしていよいよ
私たちも入ってみる。

実は
このときまで私は、
セノーテに関してあまり予備知識をもっていなかった。
だから
泉がどれくらい綺麗と聞かされていても、
本当はそこまで期待していなかった。

だが、ステップを下りてセノーテに対面してみたら
その想像をはるかに超えた美しさ
正直ぶったまげたのであった。

これがメキシコのメリダ近郊にある、セノーテの姿。
メキシコセノーテ

地下にぽっかりと出現する空間、

天から差し込む光の束と、垂れ下がった木の根

水の色は輝くような蒼とグリーンのモザイク

水は澄み切っていて、中で泳ぐ人が空を飛んでいるようだ。

透明度がひどく高いので、水面に浮かぶ人の影が、底の方に映っている。

これを神秘的とい言わず、なにを神秘的というだろう。

平凡な山の林の地面の下に
こんな空間が広がっていることの
そのギャップにも感動してしまう。

そしてみなさんごめんなさい。
光量が足りなくて、ぼやけた写真しか撮れなかった。
悔しい。

本物のセノーテは、
写真よりも何倍もきれいでした。
cenote merida


セノーテ


メリダセノーテ


この神がかったように美しい水に
身も心も汚れた私が入っては、
罰当たりのような気がする。
でも、
せっかくなのでジャンプ。

ざぶん

想像通り、水はかなり冷たい。

大きく息を吸いこんで
水面から泉の底へと沈んでいく。

とても静かで、冷たくて、蒼くて、光が遠のいていき、
まるで地球の底の方へ近寄っていくような
そんな不思議な感覚がある。

なにかが目の前を飛んでいった。
小魚の群れだ。
セノーテには魚もいて、これだけの透明度だから
魚も目の前を飛んでいくように見える。

この魚は、地下水脈を通ってきている。
泉の底の方には
鍾乳洞の空間が広がっていて
セノーテ同士が鍾乳洞で連結されているらしい。

だから、
ダイバーたちは、水脈で満たされた鍾乳洞の空間を
ダイビングできる。
魅力的過ぎる。いつかはやってみたい。

というわけで
メキシコのメリダ近郊のセノーテは
宝石のように美しい地下水脈の泉だった。

メキシコのカンクン方面に行く人は
ぜひ立ち寄ってみてください。

カンクンの海よりも、こちらの方が美しさは上ですよ。
セノーテはお勧めです!

さて
余談ですが、メリダにもどったら、局地的に大雨が降ったようで
町が冠水していた。
mexico merida
この水もセノーテみたいに澄んでいる・・・
というわけにはいかないようでした。

今回はこれで。
では。
メキシコメリダ

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)