FC2ブログ
前回
東台湾にある、宜蘭県羅東市の
ハイクオリティドミトリーに感動して小躍りしました。
そのあと、観光の足を確保するべく、町にスクーターを借りに行きます。

すばらしきドミトリーをもつホテル、
「ANHO ホテル」は駅前まで徒歩1分。
anho hotel

台湾の地方都市では、中央駅前にだいたいレンタルスクーター屋さんがあります。

「出祖」や「祖車」という
看板があり、店頭にスクーターが、ドミノの駒みたいに並んでいれば、
そこがレンタルスクーター屋さんです。
台湾レンタルスクーター

台湾レンタルバイク

さて台湾での、
レンタルスクーターの借り方を書いておきます。
レンタルスクーターを借りるのは、そう難しくありません。
地方都市のほうが、簡単に借りられる傾向にあります。

貸し出しに必要なものは次の三つ
「パスポート」
「日本の運転免許証」
「日本の運転免許証の中国語訳」


「日本の運転免許証の中国語訳」は、
日本のJAFの事務所で発行してもらいましょう。

日本のバイク中型免許をもっていれば、
原付ではなく、スクーターも125CCのものが借りられます。
※レンタルショップによっては、免許の種類は関係なく
125ccが借りれたりもする。

ちなみに
羅東駅前のレンタルスクーター屋では、
免許がなくても、電気スクーターなら借りられると言っていました。
ただ、電気スクーターは充電式なので、移動距離が制約されます。
(町乗りだけなら、十分足として使えますよ)。

今回利用した、羅東のスクーター屋さんはすごくゆるくて、
運転免許証と、中国語訳のコピーをとっただけで、
身分証類を預かるともいわれませんでした。

台中や花蓮、宣儀などでスクーターを借りるときは、
「パスポート」か「運転免許証のコピー」を預けてくれと言われました。

ドライブ中、警察にチェックされるとき、身分証と免許がないと困るので
「コピーで勘弁してもらえませんか」と、
交渉をしなければなりませんでした。
免許証と、翻訳文のコピーをとってもらい、それを控えていてもらうか、
あるいは免許証の現物はこちらで持ち、
翻訳文のコピーをこちらが持っていくか。
パターンは、店によっていくつかあります。

今回は、コピーをとっただけで、あっさりとスクーターをゲットしました。
やはり地方都市はまだまだゆるいです。
気が抜けているというか、人が好いというか・・・

ここから「レンタルスクーターを借りる度に毎回私を苦しめるタイム」
のはじまり。
ヘルメット選びです。

私は通常より頭が大きく、
サイズのあうヘルメットがなかなかありません。
いくつ試しても、「これも小さいや!」
と、選びなおすことになります。
それでも台湾の人は、
「あんた、頭でかいねー」、と笑う人はいません。
クスクスとと、堪えながら笑うだけです。
台湾の人々は、思いやりがあるのです。

なんとかヘルメットを選び、バイクの前で
簡単に運転の説明を受けて、出発。
羅東
台湾は右側通行です。
台湾はスクーター大国。
アジアの、インドネシアやベトナム、タイなどと同じく
スクーターが庶民の足の主役です。

イナゴか、バッファローの群れのように、
町の道という道をスクーターがどっさりと行き交い、
私もその流れにのって移動していきます。

バイクを借りるだけで、けっこう長くなってしまいました。
次回は、羅東のグルメを紹介します。

では今回はこれで。








関連記事
スポンサーサイト
 台湾  0  0

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)