FC2ブログ
世界三周男になるので!」
という大義名分で、長期休暇(15日間)をもぎとり、
2018年11月9日から日本を発った私。
第6回目で、日付はまだ11月10日。
ニューヨークから、ドミニカ共和国の首都・サントドミンゴに到着しました。

ニューヨークでは雨でした。
そしてサント・ドミンゴも雨の予報でしたが
着いてみると快晴。
晴れ男の旅男。本領発揮です。
旅する晴れ男

午前10時サント・ドミンゴ空港到着。
ちょうど、荷物を移し替えているのが見えた。
ひどく乱暴な扱いをしているから、でカメラで撮っていたら
グランドスタッフのお姉さんが険しい顔で
「おまえ!撮るんじゃないよ!」的に、指を振っていた。
こちらは首をすくめてみせる。
空港での手荒い荷物扱い
あんだけ手荒に扱ったら、割れ物は壊れるだろうなと
そう再確認をした一幕だった。

入国審査はとても簡単だった。
難なくスタンプをもらって入国。
ドミニカ共和国。
本当に久しぶりに、初めての訪問国となる。
これで121か国目だ。

荷物も無事に運ばれていた。
サントドミンゴ空港
今回の旅は、超ハイスピードなスケジュールなので、
ロストバゲージをすると、かなりややこしいことになる。
同じ場所で待っていられないので、
先回りして運んでもらわなければならず、
とてもややこしいことになる。
そういうとき、LCCだとどこまで対応してくれるかわからない。
だから、タイトなスケジュールのときはトラブル対応が厚い
普通のキャリアの方がよいのだが、でもお金を節約しなければならないんですもの!
というわけで、ノートラブルを祈りながらの旅となります。
(長期の放浪なら、時間があるから大丈夫なんですけれど)。

そして空港ロビーへ。
カリブ海の島国は、11月でも日差しが強く、暑い。
秋のニューヨークの服装から、着替えないといけない。

ロビーで、上着やジャンパーを脱ぐ。
それから、両替をする。
ここは空港に銀行があり、
レートもそこまで悪くないから空港でドルをペソに替える。
ドミニカに滞在は二日だから、ちょっと多めで80ドル(約9000円)くらいで足りるだろう。
両替を済ませて、ついでに財布のお金やカード類の整理もすることにする。

空港内は比較的安全だ。
宿に着くまでは必要なお金以外、バックパックの奥へしまっておく。
バックパックなら、もしそれを盗って抱えて逃げられても、
3歩で追いつける。

ということで、カード類をバックパックへ・・・
世界一周スリ被害

と、整理していたら、カードが1枚足りない。

ビザデビッドカードが付帯した国際キャッシュカードだ。
マンハッタンのATMで、ドルを降ろしてから、
財布に入れておいたはずだが。
このカードがどこを探しても見つからない。

まさか、、、
と思い財布のキャッシュを確認すると
高額紙幣の100ドル札だけ、見当たらない。
100ドル札が3枚、あったはず。
それが消えている。
いや、自分が細かく崩したのか?
そんな記憶ないが、年を取ると自分の記憶に自信がもてなくなる。

だが、やはり100ドル札がない。

・・・・盗られた?

いや、でもどこで?
記憶をたどると、可能性はふたつ。

①、昨日の深夜、ブルックリンからJFK空港へ行く途中の地下鉄の中。
②、JFKからサント・ドミンゴ空港までの機内。

①は、たしかに転寝をしていたが、車内には人がいなかったし、
   十分注意していたはず。
②は、ジャケットのポケットに財布をいれて、ファスナーをしてかぶって寝ていた。
    こちらは爆睡したが、しかし隣の人間がスリをするだろうか。
    だが、旅友で飛行機で隣り合わせた人間に、すられたという話を
    一度聞いたことがある。

うーむ、どっちなんだろう。
正解がわからない。
しかし、やはり久しぶりの遠出で、
油断もあったことは確かです。
それは反省材料。
しかし、スリにあったのはこれで二回目。
一度目は、スリというか、半分の被害というか。。。
アフリカのスワジランドで、警察と犯人の母と私の三者面談という
妙なシチュエーションは、以下でごらんください。
↓祝101ヵ国訪問。人生初の盗難事件↓
http://sekatyoku.blog46.fc2.com/blog-entry-589.html
とにかく、すべて探してもカードがないので
口座を止めないといけない。
空港のwifiはつながっているが、
スマホのローミングがうまくいかず、
何度試しても国際電話が使えない。
世界三周

仕方なく、日本の兄にメールを送って、電話をしてもらい、
加えて、カスタマーセンターにメールをして、経緯を説明し
口座を止めるようにお願いする。

そしてその後無事、口座は停止してもらえました。
口座からの被害もありませんでした。

ただ、空港でカードとお金がなくなったと、いよいよ認めなければ
いけなかったときは、頭を抱えましたね。
まじか!なんてこった!
と。

しかし、私はイベントなどでも常々、
「最大の防犯は、盗られてよいものしかもっていかない」
「命以外は、とられてもなんとかなる」
と話しています。
今回こそ、その心持を実践するとき。
そう考えて、暗い気持ちをひきづらず、
気持ちを切り替えて旅ができたかというと・・・・

できました。

空港で銀行にメールをして、兄に電話を頼むと
もうできることはない。
対応はしたので、あとはなるようになるだろう。
そうすると、それ以上考えたり、気にしたりすることもなくなり、
気持ちがはあっさりと切り替わりました。

「切り替えるぞ!」という強い決意も必要なかったです。
自然と、次のことへ意識が切り替わる。
はじめての国、ドミニカ共和国へ。

旅人としての経験が生きているなあと
自分でそう実感した瞬間でした。
この経験は、日本での日常生活でも生きている。
あまり過去を引きずらないと。

さて、空港でトラブルが発覚しましたが
対策はしたので、あとは旅を楽しみます。

次回は、久しぶりの初訪問国で
旅の興奮を満喫。
未知の国のドミニカ共和国の始まりです。
サント・ドミンゴ空港
では。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)