上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
森です

パリからの更新です

パリってどんな街よ?
と問われてみれば
美食の街、芸術の舞、ファッションの街
パリにつく二つ名はたくさんあります。

今日はそのなかで、「芸術」のパリを歩いてきました。

パリには世界的に有名な美術館がたくさんあります
美の殿堂ルーヴル博物館を初め、オルセーオランジェリーポンピドゥーセンターの現代美術館
えとせとらえとせとら

上記の美術館はもちろんすべて行ってきました。えっへん。

この中から今回は、オルセー美術館を紹介することにします。

ここはおそらく世界で一番印象派の作品が充実しているだろう美術館です

オルセー美術館は、
駅舎だった建物を改装して美術館にしました。
吹き抜けのフロアを囲むように、
展示室が設置されています。

旅をしていていいつも思うのはヨーロッパの駅はいつも好感が持てるというころ。

日本の駅みたいに、即物的で退屈でみすぼらしい駅とは違う。
ヨーロッパの駅は、ちがうのです。
街の中心の駅はとてもゴージャス。迎賓館か?と思うくらい。
IMG_6906_640.jpg
きっと、ヨーロッパの鉄道は他国からの乗り入れがあるから、
みすぼらしい駅だとその国の体面にかかわるからだと、
私はそう予想する。

それとヨーロッパは公共の建築にたいする美意識が強い。
街の景観は他人の庭ではない。自分の庭なのである。
機能的でありさえすればいい、というわけじゃないのである。
(日本は美しくなく、機能的ですらない!)
だから小さな駅舎も、好感のもてるデザインにしてある。
参考、パリの地下鉄入口
IMG_7784_640.jpg
アール・ヌーヴォー式の入り口
おっしゃれーぃ

さて美術館の中はどうなってるかといえば
R0015203_640.jpg
開放感のあるエントランス
鉄道駅だったころの名残、ダイナミックなアーチ型天蓋がいい
R0015138_640.jpg
この時計は正面玄関からはいった頭上にある
格子状のガラスにかけられた巨大時計
クラゲが漂っているようで優しげ

R0015232_640.jpg
この筒状の両脇に、いくつものフロアが並べられておるぞ。
R0015141_640.jpg

R0015239_640.jpg

R0015388_640.jpg
この部屋なんてフランスっぽいですね。
フランスっぽいていうか、フランスっぽいというかね。

魅力的な作品はたくさんありますが
ここの収蔵作品の目玉はやはり
印象派ということになるんでしょう。
名のある印象派の画家はほぼ用意されています。
しかもその数がすごい。
この部屋はモネ、この部屋はドガ、この部屋はセザンヌといった感じで
一部屋まるまる同じ画家の絵で埋め尽くされてる

ゴッホの部屋はにすごい
もう部屋の空気がそのもの渦を巻いているようなエネルギーがある
そういった力に満ち溢れたた絵に囲まれると、感動します、圧迫感すらあります。
R0015329_640.jpg
フランスの割ときっぱりした自然風景を書いてこれだから
もし、ゴッホがゴーギャンみたいに、熱帯地方に行ったとしたら
いったいどんな絵を描いたんだろうと、そんな想像をしたくなる。
案外、抽象画に近いところに辿りついたかもしれない。
R0015370_640.jpg
(こちらがゴッホ、向こうがモネの部屋)
そしてガラス窓の向こうにはセーヌ川の流れ
R0015402_640.jpg

オルセーを観た後は、シャンゼリゼ通りを歩いてみました
おー、シャンゼリゼ!
IMG_7012_640_20110211045131.jpg
長さ3キロの、堂々たるパリの目抜き通り
遠くに凱旋門が見えとるぞ、わかる?
IMG_7031_640.jpg
シャンゼリゼ通りはパリジャンも観光客もごちゃまぜ
IMG_7063_640.jpg

IMG_7059_640.jpg

そして建物はどれもゴージャス
IMG_7081_640.jpg
IMG_7154_640.jpg
銀座がそこらの商店街に思えてしまう

写真を撮りながらゆっくり歩いて40分くらい?
凱旋門に到着

おお、今まで何度もテレビや写真で見た、そのまんまだ
きみは変わらんなあ
IMG_7115_640.jpg
だけどテレビより迫力がある

あれだな、
あれなんだな、
ものの質量って、
見るっていうより感じるものなんだな、うん。

見て、近づいて、触ってみて、感じるものなんだな(山下清的な)
IMG_7136_640.jpg
どうよ、この重量感!

満足して、シャンゼリゼを去る
買い物?
先の長い節約旅行者が、シャンゼリゼで買い物なんてできるわけがないぞ。


宿にもどる。
するとルームメイトが、
明日の凱旋門賞のチケットを買ってきてくれていた
R0015425_640.jpg
じゃじゃーーん!
これがその実物だ。
これは夢の国への乗車券である。
銀河鉄道のチケットみたいなもんだ。
そう、明日はいよいよ凱旋門賞なのだ。

世界最高峰のレースを、ついにこの目で見る日が来るのだ。
この日をパーフェクトな1日にするために、
馬券も当ててやる!

前日の夜、つまり今はまだ雨は降ってない
晴れならシーザスターズで決まりだ
太陽が西からは昇ることがないくらい、
それは確かなこと。

晴れたら勝ったも同然なのである。
ルームメイトと二人で馬券を当てて、
フランス料理を食べる魂胆である。
この二人はもう食べる気でいる。前菜は何にしようかと悩んどる。

まあ見ててください
きっちり当てるから
みんな、明日は「シーザスターズ」がくるよ
それとゲッタウェイね。
間違いないから!

では明日、結果をお楽しみに!
R0015226_640.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。