FC2ブログ
パリから森です

世界一華やかなレース
パリの凱旋門賞、行ってきました!

心配された雨も降らず、馬場状態は絶好。
そしてレースの後には、思わぬ幸運が!
まさに夢のような経験をしてきました。

まずは地下鉄に乗ってパリの西、ブローニュの森へ。
その森の中に、ロンシャン競馬場はあります
IMG_7195_640.jpg
これがロンシャン競馬場の入口
うむ。
意外に質素な門である。

この競馬場は格式が高いが、敷居は低い。
誰でも気軽に楽しめるような雰囲気があります。
IMG_7207_640.jpg
しかし一方で
いわゆる「上流」の人たちも来ている
IMG_7203_640.jpg
IMG_7200_640.jpg
華やかです。

エレガントに着飾った人も、普段着の人も
ワイン飲みながら友人とゆっくり話したり、
じっくり馬券の予想をしたり
みんなそれぞれ好きなように楽しんでいる

だって今日はお祭りですから。

凱旋門賞がある日は、G1レース(もっとも格の高いレース)が一日に7つもある
まさにお祭り。
IMG_7218_640.jpg

IMG_7212_640.jpg
よく晴れた秋空の下、人々は賑わう。

よし、今日はG1が7レース、そのすべてを的中させよう
伝説を作ろう
と意気込む。

そして一つ目のG1、直線1000メートルの短距離No1決定戦
馬券を買った。
IMG_7283_640.jpg
これがさっそく的中

6倍ほどの単勝をとりました
イエイ

そして次のレース、牝馬の2歳チャンピオン決定戦。これもG1レースを買った。
結果は!?
IMG_7321_640.jpg
ハズレ!!
はやくも伝説達成ならず
最後に切りすてた馬がきやがった

意気がくじけそうになるが
次だってG1レース
二歳牡馬のチャンピオン決定戦。
やる気をとりもどして、馬券を購入。
結果は・・
IMG_7324_640.jpg
よし、的中
14倍ほどの単勝をとった。
なんか調子いい!
お祭り気分が盛り上がってきた。

次のレースだってまたG1。
2000メートルのオープン。連続的中なるか?
結果、、
IMG_7321_640.jpg
ハズレ
残念。
今度のはまったくかすりもせずだ。
IMG_7279_640.jpg
ちくしょう、、、

これで二勝二敗だけど、勝ちの金額のほうが大きい。
そしていよいよ次のレースこそがそれ、

世界の競馬界高峰のレース。
そして
世界でもっとも華やかなレース、、、

凱旋門賞
の出走である。

一番人気はシーザスターズ
断然の単勝1.9倍。

私もこの馬が負ける気はしない。
自信をもって単勝を買います。

賭け金はドーンと2ユーロ(260円)。
最低賭け金が2ユーロからなので・・・

私がかける金額なんて、毎回こんなもんです。
お金ではなく参加することで楽しむのが私流。

一緒に競馬場に行ったホテルの同居人は、二万円くらいかけてたなあ
えらいこっちゃ。

さてレースも間近になり、、満員のスタンドの前を各馬優雅に入場します。
どの馬も名馬の資格あり、ゆったりと落ち着いた足取りであります。
IMG_7346_640.jpg

観客の胸の高鳴りに併せて客席のざわめきが大きくなっていく。
まるで自分がスタートラインに立っているような興奮だ。

そしてレース開始。

夢の2分26秒間のあと、

圧倒的な強さをみせて優勝したのは、、

シーザスターズ
ダントツの一番人気にしっかりと応えました。

堂々たるレース。
キネーン騎手の完璧な騎乗と、
それに応えるシーザスターズの賢さ、能力
間違いなく今世紀最強の馬の一頭です

競馬場の観客の、惜しみない拍手を送ります
私の馬券も的中しましたが、それよりもいいレースを見れた喜びのほうが
はるかに大きいです

さて、この日は合計6レースの馬券を買って、的中は3レース。
なかなかの成績。馬を見る目が上がったかな?

そしてこのお祭りの最後、日も暮れてきたころにとびきりの幸運
私に訪れます。

全レースが終了して、最後に場内を見て回ろうと歩いていたときのこと。

レースコースの横にいた、
ロンシャン競馬場関係者に話しかけて、
すこし話をしていたら

なんとコースに入らせてもらえることになった!

いく頭もの名馬たちが走ったあのコースに、
しかも凱旋門賞当日、レースのあとにコースに入れるなんて
まさに夢のような体験だ。

すごいことだ。
どれだけすごいかといえば
ウィンブルドンのセンターコートに立つような
セントアンドリュースの、オールドコース
18番グリーンに立つくらいすごい
IMG_7442_640_20110201040636.jpg
レースコースの芝におりた瞬間は、舞い上がりました
おもわず芝に頬ずりしてしまった。

芝は思ったよりも深くない
陽も沈みかかって、しっとりと水分を含んできている
馬たちが走った蹄の跡が、そこここに穿たれている
草の香りに馬の香りが混じっている
競馬場独特の匂いだ

ここをさっき、シーザスターズたちが走ったのだ


そのまま感動にひたりながら
しばらくコースを歩きました
歩いてるあいだも、いま本当にロンシャン競馬場を歩いてるのか?
俺が?と、とうてい現実とは思えないような、
まさに夢のような感覚

パリに来てほんとによかった
旅はしてみるもんです
ロンシャン競馬場、堪能しました。
ありがとう!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

エアジョーダン 11

あなたの共有いただきありがとうございます

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)